2017年8月17日 (木曜日)

ほどほどには釣れた (696+19)

Sp1080895 アカは全面についている。透明度はおよそ50cm。意外なほどよく見えた。上流よりも透明度は高そう。水位は高めで30~40cmほど増えていた。12cmのチビ鮎1匹を持って鮎釣りに。見渡す限り誰もいない。まずはドチャラのポイントへ。減水時はせいぜい15cmほどしか深さがないが、今日はかなりの早瀬。水深も膝上だ。ちょっと速すぎて釣りづらいのでパス。慎重に川渡り。次に目指すところは減水時鏡のトロ場。さすがに今日は深早瀬になっている。石を確認するとアカは全く流れていない。ヘチ寄りには通りハミも散見できた。今日は常時1.5号~2号玉を装着しての釣り。不意の増水が怖くて中州からSp1080896左岸側に移動。取り残されたらみっともないし、生命にも関わるからそこは慎重に。飽きないほどには掛かってくれたが、入れ掛かりはなかった。始めたのが10時過ぎ。納竿は15時ジャスト。ほぼ5時間もやって19匹に終わる。型は恥ずかしいぐらいのおちびばかり。でも負け惜しみじゃないけど今日はチビ鮎ねらいだったのだ。久しぶりに小鮎の唐揚げを作りたくてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月15日 (火曜日)

釣りになるね

 午前中だけと決めての釣行。雨足が速くなりたった1時間10分で強制終了。水は笹濁り。ゴミ類の流下はなし。雨で体が濡れたが寒さは感じなかった。トロ場での泳がせ釣りは全く掛からなかったが、流芯のオモリ引きは30分位で3匹掛かってくれた。あの雨さえ弱かったら続けたんだけどな。水位は以前の渇水時よりも10cmあまり高かった。このところダム放流量は11㌧台で安定している。貯水率も92%なので極端に下がることはなさそう。帰宅後は昼寝。やばいよ4時間も眠ってしまった。こころなしか疲労が取れたような気分。午後3時現在では、支流の増水が続いている。でもたいした事はなさそう。雨さえ厭わなければ明日もできると思った。雨天でも釣り人はけっこういたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月14日 (月曜日)

次は?

Simg_20170814_172859 18時現在の三保ダム放流量は11.43㌧。この値なら問題はない。水位は高めのままだが、松田では渇水時から10数センチ高いだけ。平山や土掘田橋から見える水の色は笹濁り。釣りにはなりそうに思える。明日の発雷確率は0~20%、明後日は0~30%、明明後日は0~10%となっている。大差ないから決め手は降水確率かな。明日は昼前から雨が降る。水曜日は70%と高い。木曜日はやや下がって50%。いい条件ではないな。マグロのカマは塩焼きにした。前回は煮付けだったので、味を変えたくなってね。塩焼きも旨いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月13日 (日曜日)

ねらい目は火曜・水曜

 5・6・7月と降水量が少なかったが、8月に入り例年よりも多くなってきた。そのためダムの貯水率も91%に回復している。深刻な水不足から解放されそうだ。これから用水路に流れる水も制限されるだろうから、いい状態で釣りができそう。ダム湖の濁りはすぐには解消できないけど、徐々に薄くなってこよう。発雷確率からみれば、火曜日と水曜日がかなり低い。ただ水曜日の降水確率が70%と高いので、火曜日が無難だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日の酒匂川

 板さんが酒匂川に来る。私も行きたかったが、孫の来訪で無理だ。今年は板さん達と一緒に竿を出していなかった。ちょっと残念。ダムの放水量は8㌧台。流れる水は生コン色。しかしほとんどの支流が減水しほぼ平水になっているから下流ではかなり薄まっている。谷峨や平山では笹濁り。要定川は薄い笹濁り。水位は松田地区では超渇水時よりも10cmほど高いが、ほぼ平水と言っていいかもしれない。今までが低すぎたからね。アオノロが流されているので釣りやすいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月12日 (土曜日)

延期になっちゃった

Simg_20170811_181142 昨晩は早寝して今日に備えていた。しかし、酒匂川に着くと誰も来ていなかった。○藤さんに確認したら延期だった。水も濁りが一段と強くなっていたから当然かな。どうせやるなら条件のいい日にやりたいものね。これで心置きなく明日の準備ができる。明日は長男夫婦が孫を連れてくる。飯の担当は私なので、時間をかけて献立が考えられるようになった。これはありがたい。夏なのであっさり系がいいだろう。野菜も多めにしたいと思っている。部屋掃除もしなきゃいけないな。忙しくなるよ。昨晩のマグロカマ、食べ応えがあった。あれで1つ108円なんて信じられないよ。旨そうだったから4つ買ってある。また食べられるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月11日 (金曜日)

だいぶ澄んできた (689+7)

 今日は様子見なので短時間。昨日よりも水色はいい。だから底近くまで見通せた。アオノロはほぼ流されて見えない状態。一部根っこがこびりついた石もあるにはあるが、たいしたことはない。私が昨日左岸側から観察してアカ切れなしと判断していたが、右岸側は飛ばされて残りアカは2~3割と少ない感じ。左岸側から竿を出した。目の前は30cm~40cm程度のトロ場。私の上には二人釣り人。彼らがやっているところはトロ瀬って感じ。10時頃から竿を出したが5匹までは早かった。でも次の1匹まで1時間少々かかっている。追いは鈍いね。下って行くとサトセンさんが川上がり。渋そうで7匹だとか。私は6匹だったからツ抜けぐらいはと続行だ。チャラっチャラで良型1匹追加できただけ。渋いねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

毎日のパソコン

 私はこのブログとフェースブックに日記を書いている。だからほぼ毎日パソコンは開く。その様子は・・・・・・。まず釣りブログをチェックする。「千釣休の一魚一餌」「鮎地蔵のブログ」「板さSp1080894
んの釣行記
」「masaの釣り話」「池田健吾の爆釣天国」せんたくやさんの「鮎・渓流いろいろ釣行記」「平山オトリ入れ掛かりブログ」など。これらは毎日開いている。そのほかにも見ているが毎日ではない。これらを読み終われば酒匂川の様子のチェック。まずは三保ダムの放流量、続いて酒匂川の水位、そして酒匂川漁協、これらも毎日チェックしている。これが済んでからブログに書き込み、並行してフェースブックにも書き込む。だからパソコンで毎日2時間ほど遊んでいることになるかな。毎日こんな生活を続けているが、単純な性格なので飽きはこない。今日の発雷確率は終日0%。そして1~2mの弱い風。明日は裏マス。明後日は孫が来る。今日まで連続4日も鮎釣りを休んでしまった。今日を逃すと早くても来週の月曜日となってしまう。これでは行くっきゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月10日 (木曜日)

明日は釣り可能

Sp1080892 月・火・水と家で休養していたから、体がだいぶ楽になってきた。今日はメダカの餌を購入するだけしか用事がなかった。なので午後酒匂川へ。釣りではないよ。川見だけ。裏マスが土曜日だから見ておきたいと思ってね。私が見たのはとある場所の本流筋。みて最初の感想は、なあんだアカは残っているじゃないか、ってこと。残っているじゃ正確ではないね。なんら流されてはいなかったのだ。残りアカ100%。この分では下流はともかく中流域はアカの心配はなさそうだ。やや強めの薄濁り。平山橋の水色は相変わらずのコンクリート色。でも要定川はほぼ澄み。明日になれば濁りは問題なさそう。釣り人のSp1080893
姿は3人だけ。うち一人に声をかけたが、全く掛からないと言っていた。ヘチの石は泥をかぶっている。見通せる範囲ではアオノロは見えなかった。アカが流されずアオノロだけ流した今回の出水。ちょうどいいんじゃないかな。水位は以前の渇水状態に近づいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

午後にはできそう

 ダムの放流量が2㌧/秒台に押さえられている。河川水位もどんどん下がり、以前の渇水状態に近づいていた。問題の濁りだが、ダムからの水はコンクリート色で濁りはいまだ濃いまま。ダム湖の濁りなので、そう簡単にはとれないだろう。平山付近の水色は、遠目でよく分からないが、少し薄まったように見えた。きっと支流からの澄みの早い流れ込みの影響だろうと思う。しかし釣りができるかどうかの判断は難しい。そこで土掘田橋のライブカメラを見る。水の濁りはかなり薄そう。釣りはできるね。3日間鮎釣りを休んだから、体の調子は上向き始めている。ただ、れいの腰痛がひどく、歩けるようになるまでに数時間かかってしまいそう。今週末には裏マスと孫の訪問がある。一息つけるのは来週になってからだろう。下旬には栃木に帰省するつもり。S本君から鬼怒川はダメだと連絡があった。那珂川は知らないが、マスターズブロック大会結果から考えれば、良くはないといえそう。鮎釣りをするなら久慈川かなあ。結構釣れているよ。   http://sky.geocities.jp/sgnhm638/web/turi.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«体調管理