2017年7月24日 (月曜日)

まだ続いてる

 メダカの産卵が止まらない。メダカの産卵時期はと調べてみた。だいたい5月頃から10月までと出ていたが、地域差が大きいらしい。興味深いのは産卵時期が日照時間と密接に関係していること。最適は14時間のようだ。また水温との関係も深い。だいたい18℃から25℃の範囲がもっともいいらしい。野外の自然状態のメダカは、夏期高水温となれば一時産卵をやめてしまう。私の水槽は室内なので、それほど高水温とはなっていない。だからかなよく産んでいるのは。最初に産まれた赤ちゃんは既に親と見分けがつかないくらいに大きく成長している。鮎釣りの掛けバリの種類を変えた。今まではスティングの6.5号だったが、使い果たしてしまった。だから今は忍の6.5号を専用に使っている。このハリはガリガリ君から数年前に勧められたハリ。使っての感想。抜きバレがほとんど起こらないこと。これが一番印象に残る。続いて底バレが多いということ。少なくてもスティングよりは多かった。いいんだか悪いんだか。私はハリの種類には気を使わない。ハリ先だけ注意を払う。だから使い切るまでこれでいくつもり。今日は風速4m/sの風が吹く予報。私の場合8.5mで釣りができると判断するのは3m/sまで。だから今日は行かないと決めた。竿先で細かな操作ができなければ釣っていて面白くないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日曜日)

野球をしのぐ面白さ

 グランドに行ってメンバーの顔を見て、ちょっとびびってしまった。見るからに精悍な若者がSp1080851
あちこちにいる。聞くと4人までは若い人を加えられるんだとか。百合が丘チームには4人の若いソフト経験者がいた。内一人はウィンドミルで投げている。速いには速いが、宇女商のソフトボールのピッチャーの球は、それをはるかに上回っていた。全国優勝したほどのチームだった。それに比べれば、あんまりたいしたことはない。私にもできるかも。ちょっと練習をしてみたいと気持ちが前向きに。試合は劇的な幕切れ。我が百合が丘チームのコールド勝ち。私は助っ人として、かなり貢献できたと思う。2回の裏はツーアウトランナーなしで打席が回ってきた。このときは打ち損ねて平凡なセカンドゴロ。もたつく間に1塁をすり抜けた。このあと怒濤の勢いで仲間が打ちまくり6点獲得。3回の裏は偶然にも同じくツーアウトランナーなしの場面。思い切って打った球は矢の様にセンターの横へ。ナイスバッティングの声が飛ぶ。まんざらでもなかったよ。その後、後続が打って4点獲得している。4回の裏は1点入ってツーアウト1・2塁の場面だった。またしてもツーアウト。振り回したバットは勢いよくボールを叩いた。会心の一撃。なのに低い弾道でセンターライナー。本当に惜しかったよ。珍しい事は続くんだね。5回の裏も打席はツーアウトで回ってきている。このときは正直マズったと瞬間思ったよ。なんとセカンド真っ正面のライナー。天が味方したのか、あまりの打球の速さで、グローブをはじいたのだ。難無くセーフ。続くバッターは幸運なヒットもあったが、連打連打の連続で、とうとう10点差がついてコールドゲーム。充分に楽しめた試合だった。とにかく外野も内野も捕れそうだと思った打球には皆突っ込んでいく。ファインプレーになったり、後逸したりと結果は様々だけど、草野球にはないはつらつとした守備が随所に見られたのだ。草野球では、捕れるかどうか判断がつかない打球は待って捕っている。はたから見ると捕れたんじゃない?と思える打球がいっぱいある。ソフトボールチームの勢いを感じたよ。2回の裏。味方のヒットで1塁からホームに突っ込んでセーフ。これを見ていたのか、1塁塁審があとで声をかけてきた。陸上をやっているんじゃないですかと。左足は未だに痛むが、夢中になるとそんなことは忘れて本気を出してしまう。ちょっとやり過ぎだったかも。でも足の痛みは大きくなってはいないから、たぶん大丈夫。正直野球よりも面白く感じている。とにかくみんな真剣に取り組んでいる姿がまぶしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばっちりバチバチ

P1080848 今月は6日と13日に投球練習しただけ。このところさぼってしまっている。最近球速が落ちて危機感を感じていた。もっと密に練習しなければいけない。これから午後3時にはソフトボールの試合が待っている。でもまだ時間があったので、清水公園に向かった。的当てネットを購入してからたった2回しか使っていない。だからネットを設置しての練習をするのだ。やってみた感想。ここがベストだと思った。梅沢海岸は砂地で足元が安定しない。町民運動場は300円かかってしまう。この公園なら、誰一人として来ないから安心して投げられる。更にいいのは芝生や雑草が生えていること。跳ね返りのボールが止まりやすい。それに海岸は論外だが、町民運動場の足元も不安定。大きめの砂がまかれているため滑りやすかった。これからは清水公園でやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は何に?

Sp1080846 私の夕飯作りの歴史はかなり長い。結婚して子どもが生まれてからだからもう40年以上になる。在職中から作っていた。でも毎日仕事は持ち帰りだから、真剣に作った事はほとんどない。また、レシピなども参考にせず、思いつきで作っていた。だから家族には大変不評だった。レパートリーも数少なかった。その反省から、退職後は必ずレシピを考えてから作るようになっている。夕飯を作るようになったきっかけは、連れ合いからの一言。「あんた、いつもグーたらばかりしてないで皿洗いぐらいしてよ。」ずぼらな私は掃除・片付けが大の苦手。なのでつい勢いで「皿洗いは面倒だ。やるんだったら作った方がSp1080847
いい。」と。これが始まりで延々と続いている。はっきり言って子育ては女性の方が厳しいと思う。飯作りぐらいはやらないと、そう考えたのだ。写真は21日と22日の夕飯。私は入院したことがきっかけになり、野菜はなるべく多めに採るように心がけている。22日はいただき物の【ワカメの炒め物】【キュウリとオクラの漬け物】があり、疲れていた私にはありがたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土曜日)

今日もダメだった (517+11)

 今日はタケちゃんとの釣行。風が強くなる予報だったので、7.1m竿を準備。午後からは爆風状態になり、短竿でも無理になってしまった。40分位で終了。午前中は9匹だった。タケちゃんはツ抜けしていたそうだ。彼のねらいどころがいいね。良型は少し混じってくれた。相変わらず水位が高く、今まで釣れた場所はやりずらいほどの流速に。ドチャラにはおびただしい数のチビ鮎。どう見ても10cmあるかないかの型。あれらの鮎は、もう育たないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金曜日)

かなり増水 (512+5) 

 水位が上がっているのは承知していたが、予想よりもかなり水が増えていた。漁協の役員さんは15cmは増えていると。漁協前のコンクリートの壁。鮎がギラギラ。中には良型もちらほら。ハミながら上に泳いでいくのは小集団で小型の鮎が多い。底で光っている鮎は良型が多い。ほぼ同じ所でハミまくっている。20分ほど観察したが、追い合う鮎は確認できなかった。鮎が付いているのは壁だけ。底石はほとんどなく砂利・砂で覆われている。釣ってみたいが
無理だろうな。今まで下流域でやっていたので今日は中流域へ。気に入ったポイントへまっし2
ぐら。着いてびっくり。早瀬がガンガンになっていたのだ。今まで2.5号玉で引き釣りしていた場所なのに今日はとても無理。それでも1.5号玉と2号玉を連結して始めた。全くダメだった。たった2匹のおちびちゃんだけ。でも惜しいアタリが1回あったよ。竿が伸されて一直線。負けじと岸辺を走る走る。いくら走っても竿が立てられない。それほどあいつは猛ダッシュで下流へと向かっていく。30m近く走っている途中にプッツン。見たら1.2号のハリスが切れてた。かなりの大物。もしかして尺鮎?んなわけないか。私の最大は29cm。その時とは比べものにならないほどの重厚で強烈な引き。鮎だったら絶対尺以上だよ。でもうっすら見えた姿は尺をはるかに超えていた。桜マス?んなわけないか。手応えとしては鯉が掛かった時と同じ。たぶん鯉だね。場所移動で、先月講習会をしたドチャラに向かう。ありゃりゃ、川渡りが怖くなるほど水量が増えていた。とても釣りにはならない雰囲気。そこで上のトロ場に変更。そのトロ場は早瀬と化していた。2号玉を付けて引き釣り。小さいのが3匹だけ。気力が続かずそれでジ・エンド。アオノロの流下が激しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木曜日)

朝一入れ掛かり (472+40)

S_1S_2 今日は早めに家を出た。竿を出したときは7時を回っていた。右岸に立つ。水深20~30cmのザラ瀬。今日の唐揚げの食材釣り。オトリを送り出す途中で、もうかかってしまう。次も秒殺。竿をかまえる暇も無く4連チャン。時間にして10分位かな。こんな出足でも、たいがいはじり貧になる。しかし今日はどうしたことか釣れ続く。9時半までで20匹は釣れたかな。アタリが止まり、30分我慢したがとうとう場所移動。皆さんはどういうわけか分流で竿を出している。私もおこぼれにあずかろうと空いたスペースに。ダメだね。時折ぽつんとくるだけ。再び本流へ。毛針釣りのお兄さん以外は誰もいない。だから引きまくり。早瀬で今年は釣れていない。試しに2.5号玉をつけて引いてみる。しばらくするとドッカーン。デカいぞ。まずいね。チビ鮎じゃない。同じ筋を引き上げていく。またドッカーンとヒット。これまた良型だ。いっとき入れ掛かり状態だったが、直に止まってしまう。12時を回ったので昼休憩。数えてみたら32匹。午後はやらないつもりでいたが、スケベ根性を出して午後も続行。午後は燦燦たる有様。どうにか8匹追加しただけ。夕食準備があるので3時終了。帰宅後、シャワーを浴び、衣服を洗濯し、米を研ぐ。続いて鮎の処理。それが終わってからブログの記入。そしてフェースブックにも。さあおかず作りじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水曜日)

ちょっとした入れ掛かり(441+31)

PhotoPhoto_2 目覚ましは5時にかけていたが、知らないうちに自分で止めていた。目覚めは7時50分。す
ぐに出かけられない。この時間帯は通学路を小学生が通る。私はなるべく集団登校の時間帯には車を走らせたくないのだ。だから暇つぶしに録画観賞。まずは朝ドラ。ますます面白くなっている。退職後、完全Ayu
に朝ドラにはまってしまった。その次はザ!鉄腕ダッシュ、そしてゆーは何しに日本へを観る。知らぬ間に9時半を過ぎようとしていた。急いで家を出る。最初の場所はドチャラ。今まで水がほとんど流れていないところ。今日は水深が15~20cmはあった。何とかなるだろうと始めたが、1時間半でやっと9匹。型はいい。みな12cm前後だ。今日は唐揚げを食べるためにチビ鮎釣り。ちょうどいい大きさ。アタリが止まり本流へ。30分近くやって1回のアタリだけ。これは18cm近かった。残念!車で小移動し早瀬へ。なかなか掛からずやめようかと思ったが、対岸からねらってダメだったら終わりにしようと川を渡る。初めに瀬脇。瀬脇といってもチビ鮎なのでオモリを使う。ばたばたと釣れた。10匹位でアタリが止まったので、1.5号玉に2号玉を足して、早瀬のド芯を引き上げた。この場所では瀬の芯では今まで全然掛からなかったのに、今日は入れ掛かり。しかし、瀬の芯でも掛かるのはおちびちゃんだけ。3時になったので竿仕舞。夕飯を作っているので3時が限界なのだ。家に着いて鮎を処理し、米を研ぐ。おかず作りに取りかかり、6時には食卓に並べる。これが私の日課。薄暗くなるまで釣ってみたいが、ちょっと無理なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

今現在は影響なし

 雷が恐ろしく今日は外出しなかった。鳴り始めたのは午後になってから。1時には障子を閉め切って寝たので、雷がどの程度鳴ったかは分からない。でも道路が濡れているので多少の雷雨はあったようだ。酒匂川の水位には大きな変化はない。松田地区で最大9cm、富士道橋で最大3cmの増水。これでは何の足しにもなりはしない。降水地域は箱根山中ではほどほどあったが、丹沢湖辺りには全く降っていない。支流は場所により多少の違いはある。最大でどれくらいの水位が上がったか、それは次の結果だ。内川5cm、鮎沢川変化なし、尺里川48cm、川音川3cm、要定川62cm、仙了川16cm、狩川変化なし。こんなあんばいだった。明日は間違いなく釣りはできる。水曜日・木曜日・金曜日と発雷確率は共に10%以下。これはいいチャンス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はや~めた

Sp1080831S2 酒匂川に行こうと発雷確率をチェック。すると今日は40~70%の確率だった。特に午後が高い。私は20%以下でなければ行かないことにしている。あの恐怖を味わうのはごめんだからね。というわけで鮎釣りはしない。二宮ソフトボールリーグの組み合わせ表が届いた。年に12試合。ほぼ第2第4日曜日に行われている。友竿会の月例会が第2で第4は予備日。これでは重なるのは当たり前。百合が丘2丁目チームは今年負け知らずの3勝1分。責任重大だよな。ソフトボールの経験はないが、投げてみたくなっている。密かにウィンドミル投法を練習しようかな。ここのところの暑さで体はダメージが強い。メイに至っては日中死んでいるように大人しく転がって過ごしている。少しでも涼をとろうと、廊下で腹ばい。全身毛皮をまとっていればこれはしかたない。なるべくエアコンを点けてあげるようにしている。メイの活動時間は深夜。私が寝入っていると枕元で外に出してくれと催促してくる。さんざん遊んでから、明け方網戸をひっかいて窓を開けろと、これまた睡眠を邪魔してくる。まったく迷惑なことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«(431+10)