2017年5月27日 (土曜日)

酒匂川川見2回目

Sp1080638Sp1080639 暇なので今日も酒匂川へ。場所は中流域。穴の開いたウェーダーでジャブジャブ川の中を進んだ。だから下半身はびっしょりに。鮎は至る所にうじゃうじゃいたよ。目に入る鮎は小型ばかり。昨年の二の舞になるんだろうか。ちょっと心配。流れのない水溜まりにも鮎はごちゃごちゃいる。数百匹の中に2匹だけオトリサイズの鮎が。かわいそうにあれじゃ育たないな。右岸の本流は水量がまあまあ。といっても渇水なのは間違いないけど。でも釣りになる流れだった。左岸側は最近水位が上がったばかりなので、アカが全く着いていない真っ白い石が目立ったよ。アオノロは本流と同じように大繁殖。腐りかけのアオノロなので50cmほどの増水ならば流されるはずだ。雨よ降れ降れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金曜日)

酒匂川 解禁は?

 夜半から降り始めた雨が今も降り続いている。決して強くはないが途切れることもない。このままずっと降ってくれないかなと祈るばかり。酒匂川は、超渇水でアオノロ地獄の状態。この前川見に行った時には、そのアオノロがほぼ腐りかけているところが多かった。強めの降雨ならば、きっと流されるアオノロが多いと思う。水中糸にまとわりつかれて難儀する釣りはしたくないもんな。もうすぐ酒匂川が解禁される。解禁は木曜日だが、サンデー毎日の私には関係ない。一番期待できそうな場所は松田地区。石が多いし鮎も多い。しかし激混み間違いないし、ちょっと躊躇してしまう。ここは例年通り大井高校かなと密かに考えている。解禁にはキミちゃんや入れちょんさんも駆けつける。二人とも仕事、どうなってんの?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木曜日)

よし まずまず

S 酒匂川に行って来た。紫水大橋付近左岸側の流れが少しましになっていた。今までは水溜まり状態だったが、水位が5cmちょっとあがったせいだろう。でも鮎は小さいのがいるだけ。反対側の流れは本流なので、鮎はごっちゃりあちこちに見えた。見える鮎は大きくて14~15cmで、それ以下のちっこいのがうじゃうじゃ。今日はウェーダーを忘れ、水の中を歩けなかった。だからざっと見ただけですぐにその場を後にした。土手を降りる時は気を使う。完全に治っていない左足首。普通に歩けるが、痛みは残っている。走ることはまだ無理な状況。ここは焦らずじっくり待ちたい。家には向かわず梅沢海岸へ。そう、28日に備えての練習だ。私のようなど素人には練習が欠かせない。着いてもすぐには練習開始とはならない。なぜなら足場作りがあるからだ。砂地を小石で固めるのだ。約20分で完了。それでも足場は不安定だが仕方がない。今日はアンダースローだけで投げてみた。なかなか調子が良かった。いつでもストライクは取れる自信がついたような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水曜日)

早川試し釣りは?

 今日は早川の試し釣りがある。だから行くつもりでいたのだが。野暮用が重なり午後になってしまい間に合わなかった。そのうち結果が公表されるだろう。私の関心事は、釣れた釣れないではなく、ちょこっと魚道の効果があったかどうかという点。まだ効果云々は早すぎるかもしれない。早川で一番釣り場としていいところに鮎が増えることは、解禁後からの釣りが楽しみになってくる。来週の日曜日、28日にソフトの試合に助っ人をと打診されたが、あいにくその日はリーグ戦。なのでやんわ断っている。でも1回くらいは出ないとなあ。28日に備えては、今日と金曜日に肩慣らしをしておく。今日はこれからやるが、目一杯投げ込みたい。金曜日は軽く100球程度に押さえておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮎の買い取り

 私は山形の赤川に興味があり、以前調べたことがあった。山形では小国川でしか鮎釣りはしていない。山形には元会員の井上さんが移り住んでいる。奥さんを亡くされて帰郷したようだ。井上さんは私が友竿会に入るきっかけを直接与えてくれた人。だから親しみが強い。あれは暑い夏の午後だった。三角土手で出会って紹介され、興味を強くした。松本釣り具店でも友竿会についてうかがい、入会を決めた経緯がある。何気なく赤川を調べていたら、オトリを扱っているコンビニが、釣った鮎の買い取りをしてくれると出ていた。もちろん時期により価格の変動はある。でも基本的には次のようになっている。17cm未満の鮎は100g100円。チビ鮎でもサビ鮎でもこの価格。17cm60g以上は100円。19cm80g以上は150円。21cm100g以上が200円。大きさにかかわらず110g以上は全て250円。こうなっていた。私は釣った鮎の8割は人にあげている。もし山形に遠征するなら、買い取り制度は魅力的である。いつだったか早川漁協でも、天然鮎の買い取りを検討したいとか出ていたと思う。あの多摩川でも、鮎の干物が1匹1500円で、有名デパートで販売されていると聞いたことがあった。需要が無ければダメだろうけど、もしそんな制度が確立してくれればうれしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火曜日)

6月役員会

 7名集まり6月例会について話し合った。実施場所は会の掲示板に掲載中。詳細は明日事務局長が書き込む予定。読まれたら出欠の有無を掲示板に必ず書き込むこと。今年の遡上数は昨年の7割程度という。昨年は多すぎて閉口したからちょうどいいかも。ただし、遡上開始時期が昨年よりも遅かった。なので生育は今後の水況次第と思われる。一雨も二雨もほしい酒匂川だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水が少なすぎ

SS_2 昨日の川見でがっくりしたよ。あれほどまでに減水しているとはね。歩いたのはエネオス周辺だけ。文命床止の魚道から上は、超渇水状態だった。とても本流とは思えないほど少ない水量。だから瀬らしいところはない。流れが緩くアオノロがはびこりまくり。どろどろして気持ち悪いほど。魚道から下S_1
は、流れが二股になり、どちらも細々とした流れだ。導水路も見てきたが、そこはアオノロは無かった。小石主体ながら石は敷き詰められている。この辺りで釣りするなら、放水路からの流れ出ししかないね。低水温で水量もまあまあ豊か。なので腐りアオノロは見当たらない。釣り場としては藪根から下流が多いね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月曜日)

酒匂川川見

 明日夜に友竿会の役員会が予定されている。議題は6月例会の開催場所を決めること。なので意見を言うには、最近の川の状態をよく知っておかねばならない。車が20台以上駐められるところで、オトリ屋さんからある程度離れている場所となると、開催場所に適した場所はそうは多くない。取りあえずグランド・エネオス・藪根・旧十文字・大井高校などを見てきたい。本来ならばルアー竿でも振ってと考えるところだけれど、あのような渇水状態ではねえ。結果は写真を交えて掲示板に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さすがだ

Sp1080607 昨日の試合で2度目の打席に入った時、相手のキャッチャーがすかさず指示している。「次のバッターはセカンドとファーストの間だったぞ。」と。前の打席での打球の方向を知らせていたのだ。格下のキングに対しても、きっちり対応している。やはりレベルが上のチームは違うよ。ただし私は左だったが得意の振り遅れ打法でサードにライナー。強襲している間に1塁はセーフ。走れないのによくセーフになったと嬉しかった。このように左なのにサードレフト方面に打つ事が多かった。いつぞやは相手チームの方にナイス流し打ちと誉められたことがあった。でも正直それは間違い。いつも振り遅れ気味なので、そうなることが目立つだけ。全盛期のイチローのように華麗な流し打ちをやってみたいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日曜日)

5連敗

Sp1080606 今日は投げたくなかったがチーム事情もあり4回まで投げた。亀ちゃんに頼んで交代してもらったのだ。まだ投げられなくはなかったが、足の状態を悪化させたくない思いの方が強かった。神田リーグでは完璧に治してから対峙したい。投手の球速はシニアとは大違いで、ストレートのみならず、変化球も速い球を投げている。みんなが打てなかったわけだよ。レベルの差が大きかった。私自身は投げていて、シニアとは緊迫感が違うので興味を深めている。前の2戦に続き3戦目も一方的な試合展開となってしまった。でもあきらめたくはない。今日は変化球をまた投げてしまった。やはりパスボールにつながったり、カウントを悪化させてしまうだけ。変化球は考えものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明日は神田リーグ