« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の56件の投稿

2016年11月30日 (水曜日)

記録更新 

 昨晩は本○さんと4時45分頃から10時10分までアオリ釣り。厳しいね。本○さんは1回居食S1
いされていただけで、そのほかにはアタリはなかった。私は7回のアタリ。しかし、アオリは4回だけ。その4回の内3回はハリ掛かりさせたのだが、2回は肉切れでおじゃーん。たった1杯だけの釣果に終わる。でも結構な大きさだったのが救い。1.30kgなのだよ。この港では3杯ゲットしているが、全てkgオーバーと型がいい。スズキは寄っているのは確実だ。最初のアタリがどうやらスズキのよう。フッキングしていたのに、あえなくバレてしまった。仕掛けの工夫が必要だ。夕方メジナ釣りをしている人が、トウゴロウをスズキが追いかけているのを数回見たそうである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

来年はねらうぞ

  このところ毎晩読書をしている。読書と言っても鮎の本だけどね。小澤剛さんが書いた本。いろいろためになることが書かれていた。そく取り入れられることもあれば、充分に納得(いや理解かな)できていない事柄もある。参考にするべきところは少しでもものにしたいと思っている。彼の仕掛けについても事細かく説明があった。全く同じにはするつもりはないが、天井糸と水中糸との接続方法は真似るつもりだ。私の仕掛けで他の釣り人と大きく異なるのは、下付け糸を使用しない点。長めの中ハリスで水中糸に直接編み込んでいる。だから鼻環回りの交換ができない仕掛けなのだ。不便だが来年もこのままの仕掛けで行こうと考えている。本を読んで参考となっているのはレベルテンションの釣り。この言葉は聞いてはいたが、内容を理解してはいなかった。納得できたので取り入れたいと思う。(もう既に部分的には取り入れているかも) 今年の友竿会の月例会には本気で臨んだつもりだ。しかし1匹差で優勝を逃している。残念だがやるべきことをやっての結果なので仕方がない。来年も月例会の優勝をねらうぞ。それから裏マスに対しても真剣に取り組みたいと考えている。今年は4回の例会と本大会に参加できた。ただし事前の下見釣行は全くしていなかった。下見していなくても報徳や山北高校付近なら見当はつく。しかし松田十文字周辺は好きな流れでなかったから、例年ほとんど釣行していない。今年もしかり。参加するなら上位をねらいたいのは人情。だから来年はしっかり下見釣行をしておきたい。小澤剛さんの釣りは見たことがないが、なんだか主藤さんの釣り方に似ているような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火曜日)

11月29日

 昨晩のおかず。➀はレタスとキャベツのシーチキン和え 作り置きのバンサンスー ヤマイモすり下ろし 残った餃子の具を入れた卵焼き                         今日は本○さんとのアオリ釣行の日。風の強さと風向きが気になるね。予報では東南東から北西の風、1~2m、気温8℃~7℃。日の入りが16:32、大潮、満潮15:58、干潮22:50となっていた。防寒対策は絶対に必要だね。竿は2本出すつもりでいる。1本は本命のアオリ用、もう1本はスズキねらいのぶっ込みだ。15時に合流することになっているが、様子見に早めに行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月曜日)

11/28

11/27の夕食。 ①サトイモ+シイタケ+コンニャク+鳥の胸肉の煮物。炊き込みご飯に使っSp1070954
たコンニャクが余ったので煮込んでみた。かなり薄い味付けにしたのだが、煮詰め過ぎたので、おかずにはちょうど良かった。 ②バンサンスー。キュウリは塩もみして、春雨は長めに茹でて柔らかく。卵焼きには砂糖と少々の塩だけ混ぜて焼いた。酢と同量のゴマ油が良い感じを醸し出している。 ③餃子。 いつもは連れ合いが全部食べてしまうが、今日は6個私も食べた。鶏ガラスープの素が利いて結構なお味。 ④しめ鯖 23日にいただいたサバを24日に酢に漬けて冷凍。翌々日の夕飯で食した。ブルーベリー黒酢を使ったが、あまり酸っぱくない。いつものしめ鯖よりも数段美味かった。 ⑤炊き込みご飯。レシピ通りにしたが超まずかった。なんと言っても味がないのだ。確かめてみたが調味料は適量だった。あれはレシピがおかしいと思う。私の腕のせいでは決してない! 具材はヒラタケ・シイタケ・コンニャク・ニンジン・ゴボウ。もう二度と作らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日曜日)

下手さ加減にあきれてしまった

 午後から雨の予報が外れ、曇天ながら雨粒は落ちてこなかった。久しぶりに大平ラリークラブに参加。大津さん伊藤さんと草野球の仲間も来ていた。伊藤さんは若い人を連れてきた。年齢をうかがうと38才。そして軟式テニスの経験もあるという。こりゃかなわないな。管理棟のS
広場では、音楽がガンガン鳴っている。ご当地アイドルの撮影会のよう。気になったので見に行ったが写真に撮るまでのことはなかったね。まあ、頑張っているのは気持ちがいいけどさ。テニスは総勢6人が参加。もちろん一番下手なのは私。足を引っ張りまくり。でも時折決まるファーストサーブは手応えがあったよ。相手は打ち返すことは不可能だもんね。矢のように突き刺さるんだから。錦織でもたじたじだと思うよ。確率5割以上で決まれば言うことないんだが。精度を上げるのが課題になっているねぇ。今日はレシーブがメタメタ。4試合ほどやったが全敗だ。これはひとえに私のせい。上手くなりたいとはそれほど思わない。でもダブルスなので、組んだ相手に迷惑だけはかけたくない。壁打ちで練習あるのみ。中澤さんからヒラタケをいただいた。採取した所は二宮という。どこでかなあ。これは今夜の炊き込みご飯の材料となる。大津さんから賞状用紙を渡されている。12月4日の忘年会で全員に渡すのだ。13枚印刷しなきゃならない。期限が迫ってからあわてたくないから、ぼちぼちやろうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウゴロウ再挑戦

 Sp1070946水曜日にトウゴロウを取りに来る方がいる。餌として使うようだ。だから釣り上げておきたいと思っている。でも自信がまるでない。1回でもボーズをくらうと、釣れそうな気がしなくなってしまう。遠方から来られるのでたくさん準備したいのだが。今日は野球の審判と試合がある。午前中なので雨はなんとか持ってくれると思う。午後は降雨が確実だろうからトウゴロウ釣りには行けないな。月曜日も雨模様。早くて火曜日かね。このところ円安が続いている。米ドルは113円台、豪ドルも84円台といい傾向である。あまり円安が進みすぎては、困ることが出てくるかもしれない。まあ、120円台に落ち着くのが一番いいかも。アユの再解禁が迫ってきた。私は12月に竿を出したのは狩野川だけ。酒匂川や狩川でやったことはないんだ。酒匂川河口でいい釣りができると聞いてはいるが、あまり気は進まないよ。昨晩は連れ合いが外食だったので,おかずは適当に作った。メインはしめ鯖。ちょっと酢が足りなかったようだ。今回はブルーベリー酢を使用。イワシの漬けは、日が経っていたのでフライパンで焼いた。美味くない!サラダはキャベツとレタスをシーチキンで和えたもの。スープは鶏ガラスープの素とチキンブイヨンで味付け。具はタマネギ・麩・シイタケ。ブログ休止の間は夕飯の記録を残しておきたいと思ってる。                                            先ほど野球の中止の連絡がきた。最近中止になることが多いよ。残念だ。午後は、天気次第でテニスに行くつもり。明日の予報が少し変わり、天候の心配がなくなっている。様子見に行ってこようかな。                                                                                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土曜日)

南国に想いをはせて

 ふ~、さび~。明け方トイレに起きて、余りの寒さでお目々がぱっちり。年のせいか、一度起Sp1070944
きてしまうと、そのあと眠れなくなってしまう。まだ辺りは暗い。若ければルアー竿を持ち、海岸へ行っていたかもしれない。でも今はそんな気さえ起きないほど枯れてきている。この寒さ、今年の冬が思いやられてしまうよ。2月のヤリイカ釣りの頃の気温だもんな。脂肪が少なくガリガリの私には、寒さは強敵だよ。昨日ドラゴンフルーツを食べた。濃い色の赤紫。ポツポツ見えたのは種かな。でも全く粒感はしなかったな。フルーツパパイヤはもう少し黄色に色づいたら食べるつもり。こうして南国の果物を見ていると、沖縄の陽気が羨ましいね。今日からこのブログは閉じてしまう。ほとんど書かなくなると思うけど、もし訪問するのなら、パスワードが必要になる。それは以前閉じたときと同じなので、来られる方はそれでお入りください。しばしのお別れで~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金曜日)

魚ずくし

 モリさんの肘や肩は、もうだいぶ良くなってきている。テニスもキャッチボールにも支障がみられなかった。再度テニスクラブや野球チームに誘ってみたが、日曜日は3つの音楽サークSimg_20161125_172250
ルに出向いているので、参加は不可能とのこと。残念だよ。守備はぼろぼろだけど、彼の打撃はあなどれなかったもんな。もったいない。その後は本○さんに頼まれていた目通しを買いに行った。ついでなので小物を少々購入。割引券が500円分使えたよ。それに10%オフの商品が多かったから、割安感があったね。買い物後、港に行く。トウゴロウを釣って、ぶっ込みがしたくてね。例の所には誰もいなかった。手前の角に4人の釣り人。フグが釣れていた。私は定位置まで行き、さっそく仕掛けを下ろす。あれ~、まるでアタリがないぞ。あっちこっちまさぐるも全くダメだった。場所を港の出口周辺に移しても、1匹も掛からない。それどころか、いつもは見える群れの姿が全然見えやしない。結局1時間ほど粘ってみるもボーズのまま。打ちひしがれて帰宅の途につく。なんで釣れないの?今夜はサバの味噌煮とイワシのづけがメインのおかず。このところ魚ばかりだなあ。残っていたサバ2匹とトウゴロウ100匹をお向かいさんに進呈。先日トウゴロウの唐揚げを差し上げたら、美味い美味いと評判が良かったんだよ。私ばかりが美味いと言っているんじゃなかったよ。やはりあれは美味いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ休止

 無料のフェースブックを始めてはや1ヶ月経過。友達は22人になっている。でもこじんまりとやりたいので、あまり増えてもなあと思っている。使い方は未だに?( ゚д゚)ポカーン な部分が多い。でもなんと言っても動画が載せられるのが一番の魅力となっている。写真よりも数段様子が分かるので、もうやめられなくなってきてしまった。また閲覧者が限られるのも大きな魅力だ。鮎が終わり、釣りから遠ざかる人が増えてきている。そこで、このブログもしばらくの間休止しようかと考え始めた。フェースブック主体に書いていこうかと。冬季はフェースブックに日記の役目を託したい。そんなわけでブログは渓流解禁まで休むことにしたい。時々はブログにも書くことがあるかもしれないけど、そう多くは書かないから、それでいいかと。休止したままにしておくのは気になるから、休止期間中はパスワード保護の措置をとるつもりでいる。明日からにしようと考えている。午前中は久しぶりにモリさんとテニスとキャッチボール。動きが軽快だったよ。もちろん私がね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日も寒そう

 昨日は雪の予報が出ていたが、当地ではまず降らないだろうと高をくくっていた。でも8時頃Sp1070941
の二宮はみぞれ。うっすらと花壇には積もっている。ちょっとびっくり。悪天候のためにスーパーには人出がまばら。ゆっくり買い物ができたよ。サバやトウゴロウが冷凍庫にあったので、魚は買うつもりではなかった。しかし、ウルメイワシが安いのでついつい足がとまってしまう。一袋90円。中には15~16匹も入っていた。買わずにはいられないね。衝動買いで2袋も。後で困ってしまったよ。何とか処理は済んだのだが、とても食べきれる量ではないのだ。刺身で3分の1を食べ、残りはショウガ・ニンニクを入れて漬けにしておいた。今日も食べられるよ。そうそう昨晩ちょっとごたごたが。サトイモの煮っ転がしを作ったのだが、私はてっきりサトイモは連れ合いがもらってきたものだとばかりに思い込んでいた。聞くともらっても買ってもいないと言う。変だな、しばらく考えたが、私も買ってきた覚えがなかったんだよ。その時はおっかしいなと思っていたが、寝る前に突然思い出したんだ。そうそう、ガリ君からのいただき物だったとね。このところ物覚えが悪いし、記憶力も曖昧になっている。これってボケの始まりか?今夜のアオリ釣りは寒いので中止。でも様子を見てもしかしたら出かけるかもしれない。まあ、短時間にすれば問題ないかもね。取りあえず午前中はテニスに。何ヶ月ぶりだろうか、モリさんからお誘いがあったのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木曜日)

な~るほど

 Sp1070940昨晩は100匹ほど唐揚げにした。まったく美味いよ。なぜ皆さんが食べないのか不思議なぐらい。もっとも、手間暇がかかるから、敬遠しているのかもしれない。私も100匹捌くのに40分ほど費やしている。まず頭を切り落とし、腹を上に押し上げるように潰す。そうすれば簡単にハラワタが出てくる。次は鱗取り。包丁の背で1回だけしごき上げる。それを裏側にもすれば完成だ。捌き終わったら小さめのボールに入れ、酒・ショウガのすり下ろし・醤油・少量の砂糖を混ぜ合わせて30分寝かせれば準備OK。油ももったいないから、ごく小さなフライパンに1.5cmほど入れるだけ。2回作ってみて、二度揚げの必要性は全く感じていない。昨晩は食べきれなかった唐揚げを南蛮漬けにしている。これまた美味い物だよ。シーバス釣りを調べていたら、ナイロンとフロロのことが事細かく載っていた。参考になるから日記に掲載しておくことにした。                                                   特別授業 「 フロロとナイロン 」
【 フロロカーボンの基礎知識 】

 フロロカーボンの分子は縦方向だけに整列しています。密度が高いためにピンとした張りがあってリールへの馴染みはあまり良くありません。ナイロンラインに比べると巻きグセが付きやすいのでガイドとの接触抵抗が大きく、キャスト時の飛距離も落ちます。重くて値段もやや高価なためハリスとしての用途が約80%を占めます。表面が緻密で摩擦につよく、根ズレでのラインブレイクもすくないものの、いったん傷が入ればあっさりと破断する傾向があります。
材質にはいくつかの種類がありますが、どれも比重は同じ1.79なので、重さを変えるために肉抜きや混ぜ物をすればやはり強度が低下します。メーカーでは、2~4種類の材料をブレンドしたり、成形するときに中心に柔らかい材料を入れる、またはコーティングで二層構造にするなどの方法で結束性能や耐衝撃性を向上させています。柔軟になればバックラッシュや、太いハリスを鈎に結んだときのスッポ抜けも減少します。意外なことにフロロもナイロンも最終的な直線引っ張り強度に大きな違いはありません。ナイロンは大きな負荷がかかったときに30%ほど伸びますが、フロロの伸びは20%以下と小さめです。とくに低負荷での伸び率が低いため、瞬間的な負荷に耐えて、小さなアタリが取りやすいのが特徴です。フロロの吸水率は1%以下であり、水分による強度低下は非常に緩やかです。また、紫外線による劣化もごくわずかなので、高温さえ避ければ10年間は品質を維持できます。ところがこの耐久性のよさが自然環境下での分解の遅さにつながります。使用後のラインを釣り場に放置することは避けてください。
                                                         ●フロロカーボン製ラインは密度が高いから
┣ ・ 伸びが少なくて感度がいい
┣ ・ 光の屈折率が水に近いため魚から見えにくい
┣ ・ 吸水しないので低温につよい。水と親和しないため水切れがいい
┣ ・ 比重が重く、仕掛けを目的のタナまで素早く沈めることができる
┣ ・ 寸法精度がよく直径のバラツキが少ない。細くて弱い部分がない
┣ ・ ハリがあるので糸絡みしにくい。スプールに馴染みにくい
┣ ・ 摩擦やスリ傷につよいがいったん傷がつくと一気に切れる
┣ ・ 急な半径の折り曲げで結束強度が落ちやすい
┣ ・ 硬くてクッション性が乏しい
┗ ・ 水を吸わず、着色が難しい
 
【ナイロンラインの基礎知識 】                                       長い1本の繊維だけでできた糸をモノフィラメントと呼び、何本かの細糸を縒り合わせた編糸をマルチフィラメントと呼びます。ナイロンラインはモノフィラメントですが、顕微鏡的にみると分子の鎖が整列してなくて、短い繊維がたくさん絡み合った構造になっています。1本のラインの中に、まるで毛糸のような隙間があることから、ナイロンラインの様々な特徴が生み出されます。ナイロンにもいくつかの種類がありますが、どれも分子間の隙間が大きいために吸水しやすい性質を持っています。フッ素やシリカなどの撥水成分で分子の隙間を埋めれば、水分が浸透しにくくなって耐久性が高まり、摩擦が減少して遠投性能も向上します。しかし、強いアワセでラインが伸びれば、コーティングがヒビ割れて水分が浸透します。
ナイロンの比重は1.14です。水に浮かせるために軽くしたり、逆に、波風の影響を少なくするために重くした製品があります。人間から見やすく、または魚から見えにくくするために色素を練り込んだ製品もありますが、異物に混入によってナイロン分子が断絶されるため強度の低下は避けられません。水分以上に影響を受けるのが紫外線です。紫外線は蛍光灯の光にも含まれているので、たとえ室内といえども充分に注意してください。蛍光灯に晒したらたった半年で本来の強度の50%まで落ちたというレポートもあります。
使用後は真水で洗って日陰で自然乾燥させてから保管します。吸水乾燥の繰り返しも劣化の原因になるため、湿度と温度が一定の場所をお勧めします。冷蔵庫の野菜室は温度があまり変化せず、紫外線も浸入しません。湿気に注意して保管するといいでしょう。
 
ナイロンラインは分子の結合が緩やかなので
┣ ◎ 比重が軽くしなやか
┃ ┣ ・ スプールへの馴染みがよく放出時の抵抗が少ない遠投ができる
┃ ┗ ・ 魚がエサをくわえたときに違和感を与えにくい
┣ ◎ 伸びやすい
┃ ┣ ・ すぐに切れずに耐える
┃ ┣ ・ アワセ時のショックを吸収し、鈎の喰い込みをアシストする
┃ ┣ ・ アタリの伝達性が劣る
┃ ┗ ・ 表面のコーティングに隙間ができて水分が浸入する
┣ ◎ 水を吸う
┃ ┣ ・ コーティング剤を含浸させて撥水性や表面の硬さをUPできる
┃ ┣ ・ 液体が浸み込むから着色できる。比重を変えることも可能
┃ ┣ ・ 寒冷地では浸み込んだ水分が凍結して弱くなる
┃ ┣ ・ 寸法が変化しやすい
┃ ┗ ・ 弾性率が下がり使用中に強度が落ちる
┗ ◎ 表面の硬度が低く傷がつきやすい                                 これって役立つ知識だよ。さて、今夜の献立を考えなくっちゃ。何にしようかな。今日は外出はしないつもりなので、サトイモの煮っ転がしでも作ろうかな。皮むきがめんどっちいが、時間があるからね。あとはナスの煮浸しかな。そうだ、サバの味噌煮もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水曜日)

2束は越えたけど

 8時過ぎに麦ちゃんから電話あり。港に仲間が集まっているという。暇だし行こうかなと思っていたら、すぐにヒーちゃんからも電話が。なんとサバを持ってきているというのだ。ただちに出発。釣り場には板さんやHデオさん、杉○さん、ヒーちゃん、麦ちゃん、イオリさんらが既にSp1070935
着いていた。私はトウゴロウねらい。ポツポツ来ていたが、やがてアタリが途絶える。杉○さんが仕掛けを取りにいき、トウゴロウ釣りのお手伝いをしてくれた。杉○さんはよく釣れている。アタリが途絶えて手持ち無沙汰な私を尻目に、ポツポツとコンスタントに釣り上げるのだ。小学生のMちゃんもポツポツと。私だけが釣れない。どぼじて?板さんは誘いが大きすぎると指導してくれた。そうなんだ。納得はしたのだが、その後も苦戦しまくり。途中、Hデオさんは2匹目のボラを釣り上げていSp1070938
る。55cm位の型。ぶっ込みにはアタリがなかったが、昼飯を買ってもどったら、ピンと張った道糸がだら~んと垂れているではないか。上げてみたが餌がなくなっていただけ。あれはなんだろう。一度板さんの仕掛けにアオリが食いついたそうだが、これもむなしく引きちぎられていただけだった。3時近くまでやったが寒くて撤収だよ。帰宅後数を数えたら201匹。死んだトウゴロウはカモメにあげたので、おそらく230匹ほどは釣れていただろう。しかしほとんどはヒーちゃんと杉○さんの釣果だよ。私は30匹前後かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねらうぞ ビッグワン

 Sp1070934どうやらあの場所にはスズキが入ってくるようだ。今までのかすぶりの中には、明らかにアオリやう~さんのアタリではないと判断できるものがあったのは事実。それも数回あった。トウゴロウならいくらでも釣れる。それを使ってねらうのも一興。是非試してみたいね。本○さんとのアオリ釣行が金曜日と決まった。木曜日は最高気温が6℃とかなり寒い一日となっている。もしかしたら初雪が降るかもしれない。金曜日はやや持ち直し、4℃~13℃と幾分寒さはやわらぐ予報。でも寒いのは間違いない。ホッカイロは必携だろう。満潮が13:58で干潮が20:48。若潮だがアオリには関係ないはず。アジを使うが、事前にトウゴロウも釣っておきたい。スズキもねらうんでね。スズキ専用の仕掛けも作っておかなきゃ。スズキは下げの潮回りでのヒットが多いという。暗くなる頃が時合いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火曜日)

手応えばっちり

 夕飯の用意がほぼ済んだので久しぶりに運動公園へ。雨上がりで気温が高くお日様がまぶしかった。管理棟の前に工事車両が。あれ?投球練習場には立ち入り禁止の文字が。関係者に聞くと、昨日から12月10日まで柵の工事があるという。ボールが当たって柵が壊れ、入園者の安全のための工事が必要になったそうだ。私が投げているコンクリートの壁は高さが充分にあり、ピッチング練習では、間違っても柵にはぶつからない。やり始めて6年半、一度も柵には当てていない。しかし、サッカーボールはかなりぶつかっている。そのためにサッカーボールを壁に向かって蹴るのは禁止されていた。しかし、管理棟から見えないところで蹴って遊んでいるようである。第一、歩行者にとても危険だ。私は、壁に投げているとき、歩行者が通れば、絶対にぶつからないけど球は投げないようにしていた。いちおう管理者には承諾を得てもいる。高校生くらいの青年の中には、遠慮なく壁に蹴り込んで、時たま柵にもぶつけていたようだ。そんなことでしばらく投球練習はNGとなってしまった。しかたないやね。壁打ちテニスはのびのびと練習できた。もっともファーストサーブばかり練習していたけどね。帰りにまた二重跳びを測ってみた。今回も練習なしでいきなりだ。1回の試技で35回。やったぜぇ。記録更新だよ。前回は27回だったから8回も増えている。私は発展途上?自信がふかまったね。目標の45回は目の前だぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はどうする?

 今週の天気予報を調べたら、今夜と金曜日がいい感じ。金曜日は、翌日が休日のため、エギマンが多い。今夜は気温も高めで風も弱い。やるなら今夜かな。先日NHKの小さな旅で"アクティブレンジャーという言葉を聞いた。女性が山を案内などしている映像だった。アクティブレンジャー、ちょっと興味が湧いて調べてみることに。これは環境省の管轄下にある。関東地方環境事務所を訪ねると、アクティブレンジャーの募集が目に付いた。アクティブレンジャーは日本語では自然保護管補佐というようだ。募集地区は伊豆諸島地区。勤務地は大島となっていた。主な仕事は①現地管理体制の強化 ②地区内パトロール ③利用者への自然解説 ④各種調査等の業務 となっていた。募集人数はたった1名だけ。おまけに勤務期間はH.29.2.1~H.29.3.31と超短かった。たった2ヶ月かよ。これじゃアルバイト程度にしかなっていないな。仕事として継続は無理だった。なぜなら雇用最長期間が制限されていたんだよ。2年2ヶ月が限度だったんだから。今夜出撃するかもしれないので、急いで夕飯の支度をしている。簡単なところでおでんに決定。午前中煮込んでおけばOKだろう。あとはほうれん草の生ハム巻きかな。取りあえず忙しく動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月曜日)

やっと復活だ 

 ずっと一日中PCをいじくり回していた。でもついにネットにはつながらないまま。午後4時には降参してPCから離れた。トウゴロウを食べてみたくなり、唐揚げにすることに。半分の100匹ほどを取り出し、それを50匹ずつに2つに分けた。それぞれ頭を切り離し、腸を絞り出しておいた。ざっとだけど鱗もはぎ取っている。一方には醤油と砂糖とショウガを加えて、少し寝かせておく。もう一方は、唐揚げ粉をまぶして油の中に。硬いというイメージがあり、長めに揚げている。つまみ食いをしたら結構な味。充分いけるじゃないか。鮎の唐揚げといい勝負だよ。漬け込んだトウゴロウは、少ししょっぱめで飯のおかずに最適だ。そこで近所にもお裾分け。トウゴロウを見直したよ。いい食材だと思った。真剣に釣ってみたいね。仕掛けを買っておいたから挑戦するぞ。連れ合いが帰宅したので彼女のパソコンがネットにつながるか試してもらう。すぐにつながっている。あれ?どうしておいらのPCはつながらないの。複雑に絡み合ったコードをまさぐりながら、接触を再確認する。するとあれれ、つながったよ。接触不良だったようだ。でも同じ所を何回も確認したはずなのにな。ともあれ復旧したので一安心だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

????

朝からパソコンが使えない。いろいろやったが復旧せず。まだ新しいので買い替えはしない。しばらくはこの状態か。これはスマホからのモブログ投稿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日曜日)

惜しい! 2束ならず

 グランドコンデション不良のために、今日の試合は中止になった。だからビデオ映画祭かテニスに出かけるつもりでいた。そんなときに釣りのお誘いが。鮎多さん、ヒーちゃん、板さん、Hデオさんがやっているという。ヒラメかマゴチに逃げられたとか、餌のトウゴロウがあるよとか、誘惑の言葉が私を突き動かした。それで決まったね。私も参加するのじゃ。ヒーちゃんや板さん、それに鮎多さSimg_20161120_174547ん達にはアオリのアタリが出ている。空振りだったけどね。それに引き替え私には全くアタリは出なかった。途中暇なので竿を借りてトウゴロウと遊んでいた。群れさえ近づけば簡単に釣れる。餌にするのはちと小さすぎる型がほとんど。でも潮の流れがないようなところだったから、打ち直しが少なく、トウゴロウでも結構長持ちしていたな。今日はボラも掛かっていなかった。釣り場には困らないが、港には釣り人がいっぱい。観光客も多く、駐車場所がほとんど空いていなかった。今度やるときにはトウゴロウを釣って、それを餌にしようかな。家の猫ちゃんの餌用として、トウゴロウはいただいてきている。二度揚げすれば食えるかもしれないのでやってみようと思っている。私が釣ったのは30匹位だ。残りはヒーちゃんが釣っている。家で数えたら199匹だった。処理は面倒なのでやらない。そのまま揚げてしまえばいいさ。急に釣行が決まるとてんてこ舞いになる。何も下ごしらえをしていないまま出かけたので、釣りをやめてからが大変だった。5時過ぎに竿をしまい、すっ飛んで帰宅。まだ6時前だったが焦ったよ。昨日餃子じゃなかったので連れ合いのリクエストの餃子作りが待っていたのだ。急ぎすぎるとろくなことがないね。いつもの絶品餃子にならなかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こりゃ困った

 一進一退を繰り返している腰痛。ここ数日は小康状態だった。しかし、今朝は激痛で目覚めSp1070928
た。あまりの痛みで寝ている姿勢が変えられない。だからなかなか起き上がれなかった。やっと立ち上がり、歩行練習を始めたが、ときおり壁に掴まらないと進むのが困難。数十分そろそろと歩いて様子をみている。いつもよりも平常な状態に戻るのが遅く、激痛の緩和がはかれない。非常にやばい状況だ。今日はダブルヘッダー。午後からなのでたぶん回復してくれると思うが心配になっている。このままでは投げることはおろか、試合に参加するのも無理なんだから。孫が正月に来ると連絡があった。早く会いたいね。孫は理屈なしにかわいい。順調な成長は本当にうれしい。だが一番嬉しいのは長男夫婦が仲睦まじいこと。これからもそうであってほしいな。昨晩は焼きめしを作ってみた。冷や飯が残っていたからだ。グリンピースやキャベツ・ネギがなく、代わりにほうれん草をいれてみた。味付けは胡椒と塩麹。意外といけたよ。そろそろ買い出しに行かないと食材が底をついてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土曜日)

3つもダブリンコ

 明日日曜日はやりたかったことが3つ重なってしまった。一つは草野球の試合。もう一つは大平会のテニス。それから平塚市文化祭の第58回ビデオ映画発表会だ。野球の試合は大神Aグランドで12:10から。ダブルヘッダーで終了が15:50になる。大平会の練習は13時から15時まで。ビデオ映画発表会が13:30から。この発表会ではセッキ-さんの『群生の人びと』があったんだけどね。見事に重なりまくり。午前中になるものがあれば、2つに参加可能だったのに。残念だが優先順位は決まっている。参加するのは草野球。第一試合の相手は大洋、第二試合はパイロット。どちらも侮りがたい相手になる。やる気は満々だが、ちょっと体調があまり良くない。一つは肩。このところ投げるたびに痛みが出てくるようになってしまった。今も肩を回旋すると痛みが出てしまう状況だ。投げることはできるんだけどね。もう一つは肘の痛み。ここ2ヶ月は常時痛みが出ている状態になっている。鮎釣りのしすぎで腱鞘炎になったことがあったが、その時と同じような感じがしている。たぶんカーブの投げすぎが原因に絡んでいるんじゃないかな。でも私は大丈夫。投げられます。投げてみせます95kmの剛速球。??? 登板の機会があったら、四球だけには注意を払わなくては。四球絡みの失点だけは絶対に避けたい。1試合で奪った三振の数は前回の5個が最高だ。あわよくば三振を5個以上もぎ取りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金曜日)

裏マス 忘年会

 台所でほうれん草を茹でようとしていたとき携帯が鳴った。主藤さんからだった。え!やるの?参ったなあ。私は今夜の忘年会は延期されたんじゃないかと思っていたのだ。チーム戦後、主藤さんから18日を空けておくようにと伝えられていた。場所は開成駅のそば。そこまでは確かに聞いていた。でもはっきり会場が決まったら連絡するよとも言っていたはずなんだけど。連絡はなかったんだ。だからてっきり延期かと思い込んでしまった。電話ではみんなそろっているからと私の参加を促す内容。焦ってしまったよ。まだサラダと鳥肉の煮込みしか作り終えていなかったのだ。サンマは焼いている暇はない。すぐに火を止め外出の準備。急いで出かけたので7時頃には着くことができた。やれやれだ。連れ合いSimg_20161118_201907には緊急事態発生とだけ、メールを入れておいた。20名ほどの出席があったのかな。H野さんや柏○さん、ベッチさん、菊○さん、川○さんも出席している。ほとんど見慣れた顔ばかり。でも物覚えの悪い私はあまり名前を知らないんだよ。テーブルの上には記念写真と大会要項が置かれている。ざっと目を通す。すると来年のハンデが記されているではないか。大将と私は20匹のハンデ数。こりゃ多すぎない?私はそんなに釣っていなかったし。でもそれで頑張るしかないねぇ。大将と同じというのは厳しいよ。彼との実力差は歴然としているんだから。まあ、いいか。壁に貼られた紙の内容に沿って一人ずつ話をすることに。皆さん上手なのに謙虚な方ばかり。雰囲気も良かったね。車の私はむろんノーアルコール。いろいろな話を聞けて面白かった。記憶に残ったのはH野さんの年間釣果など。彼ほどの腕前にして1400匹だったとは意外な感じがした。もちろん釣行回数も関係しているから、単純には多い少ないと論じられないけどね。それと彼の仕掛けも印象に残っている。彼は常時ウエポン仕掛け。それ自体は驚かないが、使っている背バリにはびっくりさせられた。なんと鮎の餌釣りのハリだったとは。あんなに小さいのによく使いこなせるよ。また使用する糸はフロロ0.125~0.25までで、複合や金属は使わないとのこと。川○さんの釣果は桁違いだった。私の何年分かな。色々やっているんだね。主藤さんは3085匹とおっしゃっていた。これまた凄過ぎ。私と同じ位の釣行回数なのにね。中津漁協関係者の話も興味深かった。私の左隣だったんだよ。あと心に残っているのは魚野川の逃げ場。名前は秘密にしておくね。水質がよく釣り人が少ない河川だという。のんびり釣るには最高の環境らしい。一度調べてみたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ伸び盛り?

 アジが生きていたら行くつもりだったが4匹死んでいた。あと残りは2匹だけ。内1匹も今にも死にそうな感じ。これで決まったよ。今夜の出撃はなし。アジが全部生きていたら行くことになる。内心行きたくない気持ちの方が強かった。だからアジが持たなくて、良かったとさえ思ったよ。だからそのあとは心置きなく運動公園へ。壁打ち場には誰もいない。一人で独占し、思い切りサーブ練習ができた。ネットの印の線から15cm上までに当たれば入ったとし、10本ずつ左右のコートに入れ続けた。毎回やってきたので結構手応えが感じられた。疲れはしたが、1時間後には投球練習開始。課題のカーブのコントロール、今日もなかなか決まらない。地道に続けていかなきゃしょうがないね。相変わらず球速がもどってこない。右手中指の腱が切れている所がいまだに痛む。心持ち腫れてもいる。日常生活はおろか、ピッチングにも支障はない。だけど球を切るときにけっこう影響がありそうだ。投球練習は約40分。体は悲鳴を上げる寸前だった。しかし、私は一度決めたことは実行する意志の固い男。(私がそう思っているだけかも) 車に戻り短縄を手にし、野球場の入り口付近で二重跳びをやったのだ。疲れがひどかったから練習もせず、いきなりカウント。今日は良かったよ。記録が伸びたんだ。20回近くになり足がもつれてだめになりかかったが、ちょうど後ろを散歩の方が通りかかったのだ。俄然張り切る私。歯を食いしばって限界まで跳んだのだよ。記録連続27回。前回に比べ、6回も伸びた。よしよし、私は成長期まっただ中!だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後の推移?

 米ドルが110円台にのっている。いいねぇ。このまま円安が進んでくれないかなと、淡い期待を抱いている。今朝も布団からすんなりと起き上がれた。腰の痛みは相変わらずだが、すぐに起き上がれるのはいい傾向だ。迷人さんから昨日の変なアタリについてアドバイスをいただいている。もしかしてスズキかもとね。確かにあの港にはスズキが入ってきている。数週間前だが、一晩で7匹くらい釣れたという話も聞いていたし、一昨日の活きたトウゴロウイワシで釣りをしていた方は、はっきりスズキねらいだともおっしゃっている。一昨日の連続5回のかすぶりの中には、どうやらスズキらしきアタリが含まれている、そんな気がしてきた。迷人さんがいうように、アジの背中に補助フックを付けておくのも面白そう。アオリだけのねらいでは、昨晩のようにアタリがほとんどでない日は、退屈このうえないもんな。そうそう、昨日アジを仕入れたついでに、カニカゴもかってきている。死んだアジを入れて沈めておくのもいいかもね。なにせ、アオリ釣りはじっとしているのがほとんどで退屈なんだから。アタリが出るのは一瞬だけ。99%は暇な時間を過ごしている。何かしてないと手持ち無沙汰だからなあ。死んだアジを使ってカニを捕獲し、カニを使ってタコもねらう。欲張りな私はいろいろ考えちゃうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木曜日)

ガリガリ君と

 ぼんやりとテレビを観ていたら、ガリガリ君から電話が。彼は今日仕事が休みらしい。彼からアオリのお誘い。昨日の今日だけど誘われれば断れない。2夜連続の釣行がすぐに決まったのだ。昨晩の場所と同じところへ。アジは昨夜の反省で15匹と多めに購入。あとでこれが裏目となる。4時半には竿が出せた。最初のアタリはガリガリ君。浮きは沈んでかなりの速さで水面下を進んだ。頃合いを見計らって彼は合わせた。しかしかすぶり。昨夜の私と同じスタートだった。私の二の舞?いやいや彼はそつがない。次のアタリでめでたくフッキング。乗ったぞSp1070924う。私はギャフを構え、らくらくと捕獲成功。見た目大きかったが1kgには少し届かない。880gだった。それでもこの時期としては良型の部類なのは確か。彼は続いてアタリを出すもかすぶり。かなりの近場でアタリが出ていた。私の方は2回のアタリだけ。1回目は20m~30mくらい沈んだウキを引きずっていくアタリ。慎重に合わせたつもりだったが、今日の出足もかすぶりスタート。アジには歯形が付いていた。しかしう~さんではない。あれはいったいなあに?アオリではないと思える。2回目も水面下を猛ダッシュして岸辺のほうに突進してくるようなアタリだった。初めに南の方に、次に向きを変え東の方にとへんてこな水面下の浮きの動きだった。しかしそれもかすぶりりなのじゃ。不思議なことにアジは元気そのものだった。歯形もついていないのだ。あれもアオリとはとても思えない不思議なアタリだった。なんかな~。その後は待てど暮らせどアタリは出なかった。9時にならないうちに早めに終了。こんな状況だったからアジは5匹も残ってしまった。もったいないので活かして持ち帰っている。明日も行くようかな。今日もぶっ込みのおじさんが来ていた。いつも竿を3本使っている。彼はほぼ週3~5日来ているらしい。バスと小田急線と東海道線を乗り継いでやってきているのだ。だから釣り場到着はお昼を過ぎているそうである。連日ヒトデばかり釣り上げているんだよ。あれで飽きがこないのかねえ。帰り際、明日も来ると言い残していた。好きだねえ。ま、私も人のことは言えないけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

摩訶不思議

 今朝は、麦氏からの電話で起こされた。弾んだ声。それもそのはず、彼は海にいた。昨晩は一緒に午前1時半頃までいたはずなのに、すでに彼は竿を出していたというのだ。麦氏は化け物?あれから西伊豆に行ったのだから、おそらくろくろく寝ていないはずだよ。それなのに勝ち誇ったようなリズム感あふれる一言。『1.6kg釣ったよ。』と。ほぇ~。私は三日天下、残念でしたと言われてしまったよ。私のは1.2kg。その差は歴然だ。しかし、今時そんな大物はいるんだろうか。不思議な思い。年内で1kg越えは誇れる釣果なのだ。それなのにはるかに超えているではないか。まだ11月なんだから。でも麦氏からの報告にひしゃげる私ではない。そっくりお返ししよう、『貴公こそ三日天下に終わらないようにね。』とね。眠くて話もいい加減な聴き方だったが、俄然やる気が頭をもたげてきたぞ。1.7kgアオリちゃん、待っててけろ。表題は、麦氏の1.6kgを指すのではない。睡眠時間が少なく、日付が替わるまで夜更かししたというのに、なんとあの忌まわしい腰痛が・・・。まるで30代の頃のようなレベル2クラスだったのだ。こんなことはこの10年間経験がない。むろんすぐに立ち上がれたし、何の違和感もなしに歩き回れたのだ。ふっしぎ~。床に入ったのが3時半過ぎ。帰宅後アオリを捌き、ブログとフェースブックに投稿。そのあとは日課のナンプレ数問。目を閉じたのは4時近かったはず。睡眠時間は4時間程度だ。しかし、なんだか眠気が取れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7度目の正直

 本○さんと合流する前にアジの調達に向かう。釣り侍もその先の釣り具店にも、アジは1匹も残っていなかった。せっかく来られるというのに、餌がなくてできないとなれば、彼に申し訳Sp1070911
ない。そこで、どうしたものかしばし思案。沼津まで買いに行くか、それとも東伊豆のどこかで買える所を探すか、すぐには判断がつかなかった。沼津に行けば確実に手に入る。しかし、往復でかなりの時間がかかってしまう。彼を待たせるわけにはいなかいと、東海岸を南下することに。青木はどうかなと不安だったが、そこにはたくさんのアジが残っていた。もし青木にもなかったならば熱海まで行くつもりだった。だから助かったよ。各5匹ずつと10匹購入。釣り場は小突堤を確保。釣り開始は日没直前だった。今日の出足には驚かされたのなんの。投げ入れた最初の浮きがあっという間に沈む。糸はジージー音を立てながら出て行く。なかなSか止まらない。しばらくして頃合いを見計らって大きく合わせた。瞬間だけ重みを感じたが、かすぶりスタート。アジのうなじは喰われていた。これだけならいつものパターンなのだが、今夜は違った。2匹目のアジの投入直後に、もう浮きが消し込んだのだ。全然浮いてはこず、音を立てながら糸がどんどん出ていく。30mほど出て行ったのを確認後、大きくソフトに合わせた。ありゃりゃ、またかすぶりかよ。2連続のかすぶり。今夜がいつもと違うのは、その後投げ入れたアジ全てにアタリが即出たこと。ほとんどは糸を引き出して走るアタリ。それがなあ、全てかすぶりだったのだ。開始1時間で5匹を使い切ってしまった。こんなことってある?仕方なくしばらくは、かじられて死んだアジを使うしかなかった。私を哀れんだ本○さんのすすめで彼のアジを使わせてもらうことになり、その後をしのいでいた。そんな厳しい状況の中、頼りになる助っ人が参上。あの世界的なアオリ釣りの名人だよ。彼からアジをいただいて再スタート。5連続のバラシ後、アタリがしばらく出なくなっていたので、テラスに場所移動。投げ入れてその場を離れながら浮きの確認をしようとしたら、あれれ浮きが沈んでら~。超特急で竿を握る。浮いてこない浮き。動きが止まったように見えたので大合わせをくれる。でもまたしてもかすぶり。追い喰いを期待してそのままにしておいた。突堤に戻る途中、あの青白S_2い浮きが再び沈むのを目撃。すっ飛んで向かう。浮きは依然沈んだまま。慎重に大合わせをくれるも、ハリ掛かりはせず、アジは頭だけになっていた。おいおい、これで6連続のかすぶりかよ。やってられましぇ~ん。本○さんは1回惜しいアタリを逃してしまった。ぐいぐいと引き込むアオリ独特のあたりだったようだ。残念!10時を回って本○さんはお帰りになった。彼は2杯のアオリのお土産。2杯とも麦氏が釣っている。悔しいけれど彼はよく釣るよ。その後はアタリが全くなくなり、1回う~さんにハリスを引きちぎられただけ。日付が替わり、もうかれこれ8時間もボーズのまま。もう絶対に釣れないと確信していたS_3のだが、悪運強い私に再びアタリが出たのだ。バラしたら7連続となってしまう。慎重に合わせたつもりだったが、アオリの重量感は感じなかった。やっぱりだめかと悲嘆に暮れる。しかし麦氏は道糸を見ていて、掛かっていると声を出すではないか。糸が横走りしていたのを見ていたらしい。そこで再び合わせをくれる。今度はがっちりハリ掛かりを感じることができた。ほ~。この安堵感は何ものにも替えがたいよ。そんなこんなでボーズは免れたが、なんかしっくりこない釣行となってしまった。いくらなんでも6回もハリ掛かりさせられなかったのは弁解の余地はない。わたしゃアオリ初心者のままで~す。今期6杯目。アタリの数に比べていかにも少ないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水曜日)

今夜出撃

 風の強さや風向きの問題はなさそう。今日は15時に本○さんと合流し、アオリ釣りに行く。約束の時間までにやらねばならないことを、片付けておかねばならない。まずは食材の買いS201611_2
出し。スーパーは7時に開店する。混み合わないうちにさっさと済ませたい。帰ったら、道路の掃き掃除。このところ毎日数回掃いている。朝一で掃いても昼には落ち葉がたまってしまう。夕方も掃いて3回ほど。これが腰痛持ちにはかなり辛い動きなのだ。落ち葉はプラムとザクロとケヤキの葉。プラムは自分で植えたもの。しかし、ケヤキとザクロは勝手に生えてきてしまったものだ。両方とも成長が早く厄介なしろもの。真冬になったら、ケヤキはぶった切るつもりだ。あれ以上育っては始末に負えなくなってしまう。ザクロもデカくなりすぎたから、頭を詰めるつもりだ。切るのはいいんだが、その後の始末が面倒だよ。掃き掃除が終わったら運動公園へまっしぐら。このところ右肘が再び痛み出してきた。なので投球練習ができるか確かめておきたいのだ。素振りはできているからたぶん大丈夫。運動が終わったらゆうちょ銀行へ。用事を済ませてあとは夕飯作りだけ。アオリ釣りの日は毎回夕食準備に追われてしまう。3~4品作っておかねば。約束の15時前にアジを購入しておく。だから家を出るのは1時半頃になるかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火曜日)

明日にしようか

 今週、本○さんとアオリ釣行することになっている。互いの都合から、行けるのは水・木だSp1070909
け。明日の天気予報がけっこう良かったので、明日にしようかと思い始めている。明日18~21時の予報は次の通り。東の風1m~北北西の風1m、日の入り16:37、大潮、満潮17:04、干潮23:59。プラゴミを出しにいったら、お向かいさんからリンゴをいただいた。お返しに一昨日のアオリを1杯進呈。冷凍庫内のアオリは残り2杯。今朝はコルセット効果が感じられず、いつもに増して激痛だった。今はどうにか歩けるようになっているが、落ちた物を拾う動作はできない。今日は投球練習に行くつもりだ。早く行ってもしょうがないので、しばらくは様子見だねぇ。昨晩のヤマイモ美味かったなあ。たくさんいただいているので、あと何回か楽しめるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月曜日)

大漁 大漁 いや大量か

 コルセットを着けて寝たせいか、幾分痛みが薄らいだ感じがしている。とはいえ、じっとしていてもジンジン痛みは襲ってくる。でも運動は可能だろう。朝一に運動公園へ行くつもりだったが、ゴミ出しで屋外に出ると、我が家から吹き飛んだ落ち葉がやたら目に付いた。知らんぷSp1070908
りはできないので、ざっと道路を掃いた。ついでに庭の手入れも。ミカンの木が今にも折れそうになっている。一枝に30個弱も実っているではないか。摘果せずほったらかしなので、実が付きすぎている。牛糞をしこたま入れたせいだろう。二宮のミカンは酸っぱいのが多い。でも昨年はけっこう甘い実もなっている。食べ頃はあと半月かな。そのあとはアオリ仕掛けの補充をした。昨晩はいろいろあって、6個の仕掛けのうち5個がおじゃんに。トラブルつきものなので多めに用意しておきたい。やってみて8本イカリはLLがいいと実感できた。ハリの大きさは大きめでもなんら喰いには関係なし。釣り始め浮き下は2本とも3.2mにセット。うち1本は下げに入ったので、思い切って2.3mと短くしている。う~さんが煩わしかったからね。こんなに短くしたのは初めてだよ。今までは2.8mにはしたことがあったんだけど。約1mほど違う浮き下だったが、アタリは同じように出せた。アオリは夜間なら浅棚がいい。超浅棚もいけるんじゃないかな。そんなことを感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日曜日)

わたしゃ デカいのしか釣らんのよ

 麦ちゃ~ん。会心の釣りができたぞ。アタリが頻発していたが、アジが底をつき泣く泣く終了。5時半から9時まで。アタリは多かったぞ。初めテラスで。そこではアタリなし。突堤が空いたのでそく移動。時計の針は6時34分を指していた。投げ込んですぐに浮きが沈む。今日のアジは大型だったから、アジが元気と疑わなかった。しかし、待てど暮らせど浮きが浮いてこない。静かに糸ふけを巻き取る。糸ふけがなくなったとき、ズドーンとあいつが沈み根に突っ込んだ。いくら引っ張っても出てこない。ありゃりゃ、う~さんかよ。仕方なく糸を切る。元気アジを付けて放り込んだら、またしても浮きが沈み浮いてこなかった。しかし止まっているわけではなく、ズンズン沈んだまま動いていく。30秒ほど待ったが浮きは沈んで動いていくだけ。もう待ちきれない。意を決して大きくソフトに合わせた。ズ・ズ・ズドーン。乗ったぜい。抵抗が激しくなかなか寄せきれない。あまり力強く巻いては肉切れが心配なのだ。少しずつ岸壁に寄せる。引きが強すぎて、この時期のアオリだとは半信半疑。でも明らかにう~さんではない。よし!いただき~。ありゃりゃ、ヘッドランプを装着してなかった。やばいやばい。でもリックサックから取り出す余裕はない。薄明かりの中で何とかしなきゃいけないはめに。まあ、アオリハンターの私にとっては朝飯前だよ。そこまでは少し余裕もあったが、なんとギャフを出していなかったのだ。ゆっくり下がりながら片手でリックのジッパーを開ける。素早く取り出し、だいたいの見当を付けて海面下に突きだした。空振り。アオリは驚いてジェット噴射。そんなことを2~3回ほど繰り返す羽目になったが、なんとか捕獲成功じゃ。デ・デカい。この時期のアオリとしてはかなりの大物。一瞬麦ちゃんの1.1kgを越えたかなと感じたが、あとで計って1.02kg。惜しい!その後8時近くまではアタリなし。でもそこからが圧巻だった。赤い浮きと青い浮きの2本竿を出していた。アタリが遠くなったので、付近をぶらぶらしていたその時、青い浮きが沈み始めた。斜面を駆ける。竿を手に取り浮きの所在を探す。沈んだウキは浮いてこない。もう30秒以上はその状態なのだ。確信したね、アオリのアタリだと。糸ふけを巻き始めたら、隣の赤い浮きも沈んだではないか。そっちも沈んだまま浮いてこない。心臓バクバク。浮いてこない青い浮きの竿を思い切り大合わせ。ド・ド・ド・ド~ン。お、重い!掛かっているぜぃ。もう有頂天。早く上げて赤い浮きの竿でも掛けなければと焦る。掛かっている状態なのだが、かつて2.78kgを釣った時のように、重量感が半端ない。先ほどの1.02kgの比ではない。2kgは確実だ~。(冷静に考えればこの時期は無理なはず) なかなか寄せることができなかった。それでも少しずつ少しずつ。しかし、こんなことってあるんかいな。まさかの出来事が起きてしまった。なんと、赤い浮きと青い浮きがお祭りじゃぁ。でも握った竿は緩めていない。なんとしても取る!固い決意で名人芸を見せるのじゃあ。青い浮きの方は確実に取れるはず。慎重にジェット噴射をかわしながら寄せる。しかし、このときまさかまさかの状況に、青い浮きの方はアオリが掛かっている。なんと赤い浮きの方にもアオリが掛かっていたのだ。二Sp1070907
方向にジェット噴射の連続。焦りまくり。この後は賢明な読者諸君には察しがつくだろう。二兎追う者はなんじゃらほいだったのだ。がび~ん。アジは両方ともざっくり喰われていた。マイッチング。アジの残りは2匹だけ。新しいアジに付け替え投入だ。投げ込んだとたん、青い浮きが沈む。糸ふけを取る。しかし青白い光りを発しながら海面下をドンドン進んで行くではないか。リールからジ~ジ~音を立てながら糸が出ていく。そのうち止まるだろうと思っていたが、まるで止まらないではないか。それでも我慢して糸の出をサポート。しかし、止まってくれないのだよ。かれこれ40秒は経っていたはず。浮きはそのうち見えなくなってしまった。もう合わせるしかない。大きく合わせた。一瞬だけ重さを感じたが、いつものかす振りに終わってしまった。くっそ~。アジは1匹だけに。赤い浮きにセットして同じような所に投げ込む。しばらくアタリは出なかった。4回ほど投げ返し、アジはぼろぼろ状S
態に。潮時だな。そう思ったとき、まさかのアタリ。ほぇほぇほ~。沈んだウキは動いていたがすぐに止まった。よっしゃ~、合わせられるぞ。確実にフッキングさせるために、海面下でぼーと鈍い光りを発している浮きを見つめていた。もう1分近いぞ。それっと竿を煽る。ズン。乗ったぜい。こいつも引きが強かった。慎重に慎重に寄せ、既に装着していたヘッドランプで照らす。お、アオリじゃ。やったね。ギャフでの取り込みは1回も失敗した事がない。めでたく捕獲なのじゃ。この場所はう~さんが多い。アジはいつも8匹だけど、10匹は必要だと感じた釣行だった。本日の釣果1.03kg(再度計測したらこうなった)と1.21kg。キロ未満は釣らないのじゃよ私は。麦ちゃ~ん、恐れ入ったか。私はデカいのしか釣らんのじゃよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やったぜ

計測したら1.02kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くっそ~

くっそ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

でっかいど~

でっかいど~
ほっほっほ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの定席で

テラスにいたエギマン2人。1人帰ったので入れてもらい5時半に釣り開始。第1投でアジだけ飛ばしてしまい、開始そうそう嫌な予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲ

せっかくアジを買ってきたのに、どこもかしこも釣り人だらけ。しばらく待ってダメならかえろっかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

課題見つけたり

 今日は練習試合が2試合もあるなんて知らなかった。だから第一試合だけ出場。私は先発で打順はラスト。試合前に監督が先日の大洋戦の投球についてこんなことを言っていた。それは1回だけで60もの球数。ひぇ~。そんなに多く?と驚いたよ。守備のまずさもあったが打ち込まれたのは事実。あの試合はビデオ撮影していたんだ。1回に大量点を与えてしまった。だから今日は立ち上がりを注意していたはずだったが、またしても4点も計上してしまう有様。あまり打ち込まれたという意識はなかったが、とにかく点を与えてしまったのは返す返すも残念だ。2回からは立ち直り点は取られていない。三振も5個奪えたし、コントロールミスがあったにしても、自分ではまあまあの感触が得られた。一番の収穫はインコースの球。自分でもほれぼれしてしまうほど決まってくれた。インコースは、追い込むとボール球でも振ってくれる。当たってもファールがほとんどで、危なげない。キャッチャーもそれを誉めてくれたよ。しかし、まずい点もいくつか露呈してしまった。第一に四球の数。なんと6回まで完投したとはいえ、4個も出してしまうなんて弁解の余地はない。第二は決め球。私は追い込んだら縦のカーブと決めていた。しかし、今日はどうしたことか、ことごとく外れてしまうではないか。2ナッシングノーボールと追い込んだのに、2個も四球にしてしまった。あれは一番の問題点だと反省している。どうにか引き分けに持ち込めてほっとしている。カーブのコントロールをつけることを私は求められている。練習しかないな。打席は2度回ってきた。第一打席でヒット。飛んだコースが良かっただけ。ポテンヒットなんだよ。でも久しくヒットから遠ざかっていた私は、素直に喜んじゃったよ。来週は9人しかメンバーが集まらない。ぎりぎりの人数だよ。次回は変身した私を見せてやる!! 打てるもんなら 打ってみろ。へぃへぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hit it! If you can

 私の大好きな番組の一つに"バースディー"がある。これは土曜日の夕方TBSで放映されている。今まで見た中では、羽生結弦を取り上げたものが一番良かった。ソチオリンピック直後S
だったからそう思えたのかもしれないな。録画して3~4回も観てしまったほど。昨夕取り上げた人物は『三浦大輔』。そう、ベイスターズのピッチャーだ。今年で引退だが42才までの長い現役生活。私の印象としては、リーゼントしかなく、あまり好印象ではなかった。でも番組を観てその考えが変わってしまう。かっこいい。最終登板で10点も取られたた三浦。よくそこまで投げさせたと監督にも脱帽。その当時は中日と3位争いのまっただ中だったんだよ。最後の打者を三振に仕留め、彼の現役生活は終わった。私は今までリーゼントが象徴するような、かっこつけマンだとばかり思い込んでいた。しかし、影で人一倍努力し続けていたことが分かり、見方が180度変わったのだ。ドラフト6位から這いずり上がった彼。横浜球場に入りきれないほど観客が集まったのは当然だったと、今にしてみればそう思える。彼がかぶっている帽子のつばの裏に、Hit it! If you can と書かれている。単純な私はじーんときてしまったよ。打てるものなら 打ってみろ いい言葉だよ。さて今日は練習試合がある。もし投げる機会があったら私も 打てるもんなら 打ってみろ  じゃよ。コルセットの効果は、あったようななかったような。痛みはレベル4くらいで、この時期としては軽かった。また起き上がるのもすんなりできた。今日の程度は、夏期にはほとんどみられたこと。コルセットのおかげかなのか半信半疑。続けて着用していけば、効果があるかどうか分かるだろう。いずれにしても、痛みの程度が軽めでよかったよ。これなら投げられる。Hit it! If you can

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土曜日)

救世主になってくれるか

 腰痛は相変わらず。今朝はすぐに布団から起き上がれたが、問題なく歩行できるまでにかなりの時間を要すはめになった。左足に体重がかけられないのだ。起きたのが7時15分頃Sp1070899
で、運動が可能なぐらいに動けるようになったときには、すでにお昼を過ぎていた。明日は午前中に試合がある。10時頃から始まるので、明朝は5時には起きなければまずそう。5時間前に起きていれば運動は可能となるはず。ちょっと早いと思うがしかたない。早寝しなきゃいけないなと思っているところに、佐川急便の配達が。お、そうだ。頼んでいたっけ。ネット注文したコルセットが届いたのだ。『中山式腰椎医学コルセット』 このコルセットは今の痛みを改善してくれるものと期待はしていない。私の腰痛は常時かなりの痛みが継続している。その痛みの程度はいつも同じぐらい。私が困っているのは朝起き上がれないこと。そして歩けるまでに時間がかかってしまうこと。この2点だ。痛みの軽減はとうにあきらめている。日本の医学の水準では、私の腰痛を治すことはまず無理だろう。朝布団から起きることさえできれば、歩き回ることで運動も可能となっている。このコルセットに期待していることは、寝ている間の腰椎の保護にある。布団から起き上がれれば何とかなるはずだから。今夜から使っていくぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金曜日)

近々リベンジ釣行

 未だにアオリは3杯だけしか釣っていない。これ以上麦ちゃんをのさばらせてはいけないと思っている。正直、数は彼には勝てない。大きさにわずかな望みを託している。でも既に1.1kgS1111
だからなぁ。厳しいよ。近場では毎回アタリが出ているものの、未だに釣り上げることができないでいる。そこでリベンジ釣行を企てた。日並みを調べると、来週月・火と雨模様。なので日曜日に行こうかと考え始めている。問題は餌の調達。日曜日は135号の上り方面が激混み間違いなし。あの渋滞を思えば行こうとする気がそがれてしまう。なんとかしたいがねぇ。解決策は3つある。土曜日に千歳川でウグイを釣っておくこと。2つめは、まだ道路が混雑していない日曜日の早朝に買い付けて、海に浸けておくこと。3つ目は日曜日の午後、港で小魚を釣っておくこと。これらのどれかにすればアオリ釣りが可能となる。ウグイを釣るのは自信がある。これかなあ。本○さんとのアオリ釣行近々やりたいと考えている。天気のいい平日だね。今日、車屋さんを呼んで、車内通話ができる様に設定してもらった。今までは運転中に着信があっても出ることができなかった。これからは便利になるね。また、ナビの更新も頼んでいる。今年帰省した時、私のナビには圏央道が表示されなかった。だから気になっていたんだよ。ついでなのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らんかった

 我が家では野菜のなかでほうれん草の出番が多い。ほぼお浸しばかりで食している。このS1110
場合、茹ですぎに注意はしていたが、茹でる前にすべきことには気づいていなかった。茹でる20分前に、水に浸すこと。これをすると格段に味が良くなると言う。今夜はほうれん草の生ハム巻きを作るので、ぜひともやっておきたい。腰痛の状態は一進一退。月曜日の様な耐えがたい激痛はなかったが、通常よりも痛みが強い状態が続いている。この前、ネットを見ていたら飛耳長目という熟語が目に付いた。だいたいの意味が推測できたが、正確には意味がよく分からなかった。調べてみると・・・『物事の観察に鋭敏で、見聞が広く精通していること。観察力や情報の収集力があり、物事に通じていることの形容。▽「飛耳」は遠くのことを聞くことができる耳。「長目」は遠くまでよく見通す目。「長目飛耳ちょうもくひじ」ともいう。』と出ていた。覚えておこう。下斗米、これは草野球の帰りに目にした表札の文字。珍しいからずっと覚えていた。多少気になっているから調べることに。この名字、地域がかなり偏っていた。一番多かったのが、青森県・岩手県、ついで秋田県・宮城県・福島県となっている。どうやら東北中心の名字らしい。全国的には6355位で珍しい部類に入っている。全国にはおよそ1500人いるという。解説には『現福島県、宮城県、岩手県、青森県を含む四県の太平洋側である陸奥国二戸郡下斗米村が起源(ルーツ)である、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)相馬氏流、南部藩(盛岡藩)にみられる。 「下」は上や中に対し、低いところやふもとを表す。』と載っていた。私は暇でごじゃる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木曜日)

爆睡 9時間

 昭和の男は義理堅い。キミちゃ~ん。釣ってきたぞぉ。私に海の神様がほほえんでくれたのは、最初のアタリの時だった。近頃かすぶりオンパレードで、ボーズの毎回の釣行に歯ぎしりしていた私。昨晩はなんと1回目のアタリで捕獲成功。それもまあまあの型だったのだ。初アタリでゲット。今夜は確率10割スタートじゃい。と、まあ好調な感じを与えてしまう出だしだったSp1070893
が、けっしてそうではなかった。4時には釣り場確保して、しばらくして麦ちゃんがヒット。まだ明るいうちだった。彼にしては珍しく、足1本の痛恨のバレ。でも彼はなんと、1.1kgを含めて瞬く間に2杯ゲットしていたのだ。この時期の1kg越えは新記録だったらしい。イオリさんも、浮きの動きがおかしい居喰い状態で、アオリを捕獲している。(微妙なアタリを麦ちゃんが感知して彼がハリ掛かりさせた。)そこまでは釣り初めから時間があまり経っていなかった。彼らはその後も捕獲こそできなかったが、アタリは数回経験している。そんな状態の中で私にはまるでアタリが出なかった。時計の針はどんどん進んでいく。6時になり7時になり、8時になり、そしてとうとう誰の浮きにもアタリが出ない状況に陥ってしまった。全然面白くない。かすぶりさえもないのだから。私だけがボーズかよ。ついに9時半を回ってしまった。依然アタリがないまま。あせりが最高潮になろうとした9時40分過ぎ、突然青白い私の浮きが沈み始めた。私は動揺していなかった。なぜならそんなことはしょっちゅうだったからだ。1匹120円の大型アジを使っていたせいで、浮きを消し込んで中々浮かないってことは何回も見ていたからね。その時私は、仕掛けのトラブルに対処中。絡んだ糸をほぐしている真っ最中だった。しばらくして海面を見やると、浮きは同じ所に沈んで淡い光りを発し続けていた。でもまだアタリだとは信じられず、作業を続行していた。再び目を向けたら、浮きは沈んだままだった。長く感じたが1分位だったかもしれない。でもアジ元気にしては明らかにおかしいと、ノー天気Sp1070895な私でも察するのは容易だった。ドッキンコン、ドッキンコン。心臓が高鳴る。疾風のように竿に飛び付く。静かに糸ふけを巻き取る。もうドキドキが止まらない。意を決して大きく竿を煽った。ズン!乗ったぞお。すぐさま助っ人を呼ぶ。やっときたヒットなので大声を発してしまったよ。ちょっと余裕がなかったね。麦ちゃんにすくっていただき、ほっとしたのは言うまでもない。釣り開始から5時間半後の初アタリ。嬉しさも当然あるが、ほっとしたというのが正直なところだった。やれやれだよ。その後はアタリが確認できなかったのに、頭から下が切り落とされていたり、うなじをかじられたのが各1回ずつ。どうやら居喰いのようだね。そしてとうとう日付が替わって12時半過ぎ。流れに乗った浮きが沈んで浮いてこなくなった。おかしいなと軽く聞き合わせ。でも抵抗はない。しばらくしてまた浮きが沈んでなかなか浮いてこなくなった。よおし2杯目ゲットだぜと、竿を握る。頃合いを見計らって大合わせ。スポーンとかすぶり。アジがうなじを喰われていただけ。結局1時過ぎまで粘ってみたが、徒労の結果に終わる。昨晩は、アタリが少なすぎた。西伊豆よりも東伊豆の方がアオリは多いと麦ちゃんは言う。型は西伊豆の方が良いそうだが。麦氏2杯、イオリ氏1杯、私1杯。みんな釣れたから良かったのかもしれないね。個人的な感想としては、アタリの数を考えれば、近場の方がいいと思った。帰宅後の就寝は午前3時ころ。今起きたが既にお昼は過ぎていた。腰が痛いよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水曜日)

目指すは西伊豆

 麦ちゃんから連絡がきた。東伊豆は北東の風で大荒れのようである。西伊豆はべた凪に近いという。この釣りは風が大敵なのはもちろんだが、風向きも重要な要素になる。活きたアジをそうたびたびは投げ続けるわけにはいかないからだ。午後合流の予定。イオリさんも参加するという。イオリがアオリ、ちょっと面白そう。イオリさんは知る人ぞ知る、隠れた鮎釣り界のスーパースター。彼がアオリにはまってしまうのは確実だろうな。簡単じゃあ~りませんぞ。当地は気温12℃~9℃、北東~北北東の風、風力1m。条件はけっこういい。必ずゲットだぜ。ハマの名人さん、期待して良いよ。今朝の腰痛はレベル5.5。昨日よりも悪かった。でもすぐに立ち上がれたからノープロブレム。昨夜聞いたんだが、シマさんもアオリの経験者だった。相当入れ込んでいた時期もあったそうだ。エギング・浮き泳がせ・ヤエンも経験済み。私はどうもヤエンには手を出せない。難しそうな釣りだと思っているから。一度だけでもやってみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火曜日)

11月役員会

 ベッチさんは所用で欠席だったが、9名の参加を得て19:00より役員会が持たれた。会員の減少や高齢化などのため、そのことに起因する2つの提案が出されている。(詳しいことは、会の掲示板に掲載。)これらの審議の途中で会報のことが出てきた。ヨリさんが1年間休むたSp1070867
めに、代打での出番がやってきたのだ。ヨリさんやセッキーさんのようにはいかないが、やる以上はなんとかやりとげたい。各月例会の報告をしていくことになるはず。会長始め皆さん方は、毎回出さなくてもいいよとおっしゃってくれている。だから気楽に考えていこうと思う。昨年からやらなくなった忘年会。今年はビッグホールキミちゃんが絶好調で、彼のたっての願いで実施する方向と決まった。今年の彼は今までとまるで違う。何かが乗り移った感じなんだよ。なにかなあ。狸かな?イノシシ?オットセイ? 昨年までは安全パイだったのに、来年は好敵手の存在なんだから。うかうかできないぞ。また爆発するのは確実か?(そんなに甘くはねえぞ) 各月例会の結果をトータルした年間成績を、変更する提案が総会に提出される。裏マスの成績の出しかたを参考にした案だ。役員会では概ね賛成のようだった。ちょっと面白そうなので試しにやってみたよ。ほぇほぇほ~。こりゃいいぞ。この方法が断然いい。私は大賛成だよ。ちなみにこれで成績を出したら・・・・第1位私で100匹(31+24+45) 第2位オーさん99匹(36+33+30) 第3位大将96匹(28+18+50) 第4位会長91匹(35+29+27) 第5位アツシさん79匹(22+32+25)  どんなもんじゃ。へいへい。今年の成績は1匹差で負けたが、新しい出し方だと私が1匹勝っているのじゃ。これでいいんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ、いいかも

 昨晩麦ちゃんからアドバイスがあった。腰痛が特に朝ひどい場合は、寝るときコルセットを装着して寝れば良いかもと。経験者が言っていたことらしい。だから、昨晩の内にコルセットをネット注文しておいた。いろいろあって目移りしたが、比較的安価なやつをね。そして取りあえず腰に巻いておこうと、かつて手術後に使っていたものを探し出した。内蔵の手術をした後だったから、腰というより腹を押さえて固定する役割の物。昨晩はそれを腰に巻いて寝たのだ。昨日とはえらい違いですんなりと起き上がれた。痛みはレベル4~5といった感じだった。これならいつもの痛みのレベル。効果があったと短絡的に考えてはダメだろう。まだしばらくこの状態を続けて様子見だろうな。午前中は買い物のあと、運動公園へ。壁打ち場は満員で15分待ち。ちょっとの間ピッチング練習で暇を潰す。テニスはまずはファーストサーブから。手首を鍛えるためにね。サーブだけでは単調なので動き回る練習も少々。55分で終了。ただちに投球練習場へ。いつも会うサッカーおじいさんがいた。何度も顔を合わせているので気持ちよい挨拶が返ってきた。そのおじいさんの隣でピッチング開始。今日の課題はカーブのコントロール。私のへなちょこ球では空振りを奪うのがなかなか大変だ。試合で手応えを感じているのは、サイドスローのストレートとアンダースローのカーブ。オーバースローのストレートが一番打たれている。素直過ぎる球だとみんなから言われているその球。それは見せ球にして、勝負はカーブにしようと考え始めている。変化が小さいと打たれやすいが、大きく変化すれば真ん中から外角低めを突ける球。なかなか打たれない球だ。そのカーブの精度を上げたいために、繰り返し投球を重ねた。しかし悪い癖がすぐに出てしまう。散歩の人が通りかかると、思い切りストレートを投げ始めちゃうんだよな。近くに見ている人がいれば必ずってほどにね。これは直らないねえ。帰りに二重跳びを2回跳んだ。2回目は連続21回。少し伸びたな。ちょっとずつ続けていこうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まかせてね

  明日、出撃決定!今回は1杯釣れれば良しとする。贅沢は言わないよ。このところアタリがあってもことごとく外れてばかり。麦ちゃんは既に24杯ゲットしているというのにね。私は秋からのシーズン、たった2杯だけ。その2杯も友人知人に差し上げたので、まだ胃袋には収まっていない。とりたてて食したいとは思わないけど、今回はビックホールキミちゃんに約束しているので、1杯だけは絶対ゲットするつもりだ。さすがにこの時期、寒さが堪えるようになってきた。防寒対策は忘れないようにしないと。当日の天候はまあまあだ。日の入り16:42、長潮、干潮19:07。問題は風の強さだ。このところ強風が吹き荒れていた。明日はどうだろうか。また風向きも気になっている。願わくば南西の風になってほしいよ。                  待っててけろ。                                                                                                                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月曜日)

えらいことですわ

 このところ小康状態だった腰痛が、今朝は激マックス状態に。痛みで目が覚めた。それ自Aki
体は月に何度かあるから珍しくはない。しかし今朝の激痛はマックス9.5かと思われた。今までで最大の痛みだった。当然布団から起き上がることができなかった。いつもはこのような状況では、近くの柱に掴まりながらゆっくりではあったがなんとか立ち上がれた。今朝は全く無理。布団の右側にはこたつが出してある。そのこたつに掴まっても、痛すぎて立つことができない。しばらくもだえまくっていた。通常のこのような場合は、時間の経過と共に、なんとかつかまり立ちができていたはずなんだが。上体も起こせない。10分は寝そべったままだった。なんとかしようと、そこで這いずりながら冷凍庫までいく。柱に掴まっても立ち上がれないので、とうてい無理だと思ったが、とにかく必死で冷凍庫に掴まる。右手で冷凍庫、左手でS116座椅子に手をかけ、スローモーションの動きでゆっくりたちあがろうと徐々に力を入れていく。途中、激痛が襲う。でもその時は体を固まらせ、滑り落ちないようこらえた。そんなこんなで目覚めてから20分ほどで無事立ち上がれたのだ。しかし今日が一番ひどかったのは、その後の歩行で更に感じたのだ。普通に歩けない。右足は踏み出せたが、左足では体重を支えられなかったのだ。壁につかまりながら、右足だけでぴょこたんぴょこたんと歩くほかがない。私の腰痛では、とにかく歩かねば、痛みの緩和が期待できないと知っている。だからそんな状態で歩く歩く。ようやく普通に歩けるようになったときには、起床後40分も経過していた。今日は燃えるゴミの日なので、必死だったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日曜日)

試合が目白押し

 今日の練習には11人が参加。最近は常時これくらいの人数はそろっている。グランド状態Sp1070879
はまあまあ。多少のでこぼこは河川敷グランドなので仕方がない。いつも通りのメニューで進んでいく。途中、大洋のピッチャーが特別参加。彼の球は打てそうでなかなか打てない。試合ではことごとくぼてぼてばかり。今日は、芯で捉えてライトオーバーが1本。センター前に転がる打球が2本。センター前にぽとりと落ちたのが1回と、5打席なので上々だった.フリーバッティングで少し投げたが、感触はまあまあか。でも微妙なコントロールはいまいちだった。練習後、これからの予定の確認が行われた。それによると来週13日は大洋との練習試合が組まれていて、大神Gに11:30集合だ。翌週の20日はパイロットとの練習試合。これも大神でAグランド。試合は14:10から。翌々週の27日にも練習試合がある。相手は?。10:10からだが、私は第一試合の審判なので7:30にはおおいそ学園に着いていなければならない。リーグ戦は生沢戦だけが未消化。11月中にはできないそうなので、確実に12月になってしまう。今年度の忘年会は12月4日だから、そのあとに実施となりそう。肩が少し痛む。投げられない状態ではないが、気になってきた。クールダウンをしていなかったせいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶品餃子 2パターン目

 昨晩は恒例の餃子の日。毎週作っているが私の口に入ることはほぼない。全て連れ合い1
2が食してしまう。味がマンネリ化していると思い、新たなレシピで作った昨晩。しかし連れ合いは今までと同じように美味いとのたまう。かなり異なった隠し味だったのにな。今までは挽肉以外の具材はニラだけで、味付けは鶏ガラスープの素、それに大量のショウガだけ。三面焼きで皮はパーリパリ。その食感がいいと言ってくれていた。今回は食感の異なる作り方。S115
入れる具材はニラ・キャベツ・ネギの3種類で、ショウガ・ニンニク・鳥ガラスープの素・酒・ゴマ油・醤油・砂糖・塩胡椒・ネギ油と多彩である。焼き上がると底面はパリパリでそこ以外はジューシー。全然違うのに、連れ合いは旨さは同じという。かなり入れ込んで作ったのにさ。ちょっと不満足。私はネギ油というのはスーパーに売っているものだとばかり思い込んでいた。探してもなかったのは当然だよ。仕方なくネギ油は自作している。ま、簡単だけどね。下の写真は、私と連れ合いの配膳の違い。連れ合いは炭水化物を採らないので、いつもこんな調子だ。今日は厚木で草野球の練習日。汗が出るくらい動きたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土曜日)

ご苦労なこった

 鮎シーズン中は日付が替わってから床に就き、起床は6時頃と睡眠時間が短めだった。10月に入り、そう毎日鮎釣りに行かなくなると、徐々に睡眠時間が増えてきた。一時は早寝の習慣が身に付き、10時前後に就寝していたほど。しかし、このところ再び夜更かし気味になってしまい、今は12時前後に床に就くようになっている。起床は6時から7時の間かな。今朝はいつもよりも早く目覚めた。連れ合いに『起きているの?』って声をかけられたからだ。デカい声なので強制的に目覚めさせられたと言っていい。とっさに枕元の時計を見ると、午前5時を回ったばかり。いぶかしげに問うと、駅まで送ってというではないか。今日は土曜日。いくら部活があるからといっても、1時間早いんじゃない?と思った。横浜で中学陸上の大会があるという。駅伝大会とか。まあよく頑張れるよ。勤務時間外なのにさ。今の平塚の中学校の現状では、部活を担当していれば土曜日に出勤するのは当たり前。季節によっては日曜日も駆り出されてしまう。給料が出ないのにねえ。おまけに責任という重い物も背負わされているんだから。私にはとうていできないことだよ。そんな厳しい現実のある中学校だが、若い職員などの中には、部活の担当を引き受けない人もいるという。それを私は非難はしない。私でもそうしたいと思うからね。せっかくの土日が使えなくなるなんて、とても耐えられたものではないよ。でも限られた職員の中で必ず担当が付かなくてはならない現実。結局誰かが引き受けざるを得ないのだ。いやな状況だよ。このままの状態はいつまで続くのだろうか。現状打破は遠い未来にあるのかなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金曜日)

完敗だ

 ここしばらく運動から遠ざかっていたので、今日は朝から運動公園へ向かう。壁打ちテニス場には先客一人。やはり佐藤さんだった。彼は毎週2~3回も練習している。私が行った日とぶつかることが本当に多い。彼の凄いところは壁打ちが終わってからアスレチックコースを回っていること。私もやろうかなと思っているが、壁打ちテニス・投球練習後にはくったくたでやる気になれないでいる。最初に始めたのはファーストサーブの練習。手首を鍛える意味合いで、いつも時間をかけてやっている。今日も約40分はやったと思う。残りは乱打を20分ほど。体の疲れはなかったが、右肩がやや痛む。投球練習をやめようかとも考えたが、多目的広場には2人が投げ合っていた。その姿が目に飛び込んできたから当然私もやるんだよ。彼らは高校生か大学生の野球部員のようで、かなり本格的に投げ合っていた。俄然私は燃えた。よし投げ合ってやろうじゃないか。私が肩慣らしを始めたら、彼らもキャッチボールをやめて、一人が座り込んだ。横目でしばらく見ていたが、競争するような相手じゃないと、すぐに分かった。彼らはバッテリーを組んでいるようで、息の合った投げ込みだった。途中、『ストライク!、でも大谷なら持って行かれちゃうよ。』とか『今のフォークの落ち方じゃ、ホームランボーSimg_20161104_113022
ルだぞ。』とか言っているじゃないか。ストレートも私の比ではない。並んで投げるのが恥ずかしかったよ。でも我慢して25分ほど投げ込んだ。ムキになっちゃうとコントロールがハチャメチャ。スピードも出ない。ちょっと不満足な練習になってしまった。駐車場に戻って、野球場の入り口付近のスペースで、久しぶりに二重跳びをやってみた。1回目は5回だけ。そんなはずじゃないよと2回目の挑戦。記録は伸びたが17回止まり。かつては年齢の数くらい最低跳ぼうと頑張っていたんだがなあ。私の退職時の記録は47回だった。若い頃には50回以上跳べていたんだがねえ。これからは運動公園に行ったら毎回二重跳びをやることにした。目標45回!イェーイ。駐車場の側には大島桜が咲いている。開花したのは既に2週間ほど前だ。毎年秋にも咲くが、春先よりも花数が少なくひっそり咲いている。気づく人は少ないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒匂川で尺鮎?

 変な夢をみた。今もって不思議な夢。摩訶不思議。リアル過ぎる。時期はいつ頃かはっきりしない。ただ水中をグングン進んでも寒さは感じなかった。だから後期ではないような気がする。かといって暑さで汗だらだらでもなかった。場所は酒匂川なのに見たこともない流れだった。河川敷は酒匂川の半分くらいで、水量は3倍ほどかな。川幅は平均して50mはあるだろう。よどみには水草が繁茂していた。川相は酒匂川と全然異なっている。鯉からサクラマスまでも釣れそうな面白そうな流れだった。そんなところで鮎釣りをしていた私。対岸には見覚えのある裏マスのメンバーがいる。好調に釣り上げたわけでもないのに、引き舟がいっぱいになってしまう。14~17cmの鮎がほとんどなのに、1匹だけモンスターがいた。どうやって釣り上げたか記憶がなかった。でもそれが引き舟に入っていたのだ。まるで鮎には似つかない体型。たとえるならサンマだ。細長い体型で腹びれから尻ビレまでの間隔がやたら長い。黄斑紋がなく魚体全体が銀色に輝いている。サンマが頭だけ鮎のかぶり物をしている、そんな印象だった。まったくもってあり得ない話。いくら夢だとしても現実離れが甚だしい。今の酒匂川には20cmを越える鮎は極端に少ない。これは今年だけにかぎっての傾向ではない。谷峨で27cmが連発した当時がなつかしいよ。このままチビ鮎の酒匂川が定着してしまうのだろうか。おもしろみのない河川になってしまいそう。私の友人知人には、型の良い鮎を求めて高原川・神通川・魚野川などに、遠征を繰り返している方々がいる。安全で釣りやすい酒匂川だけれど、余りにも小さな鮎ばかりでは興味も半減してしまう。なにか打開策はないのだろうか。報徳橋から紫水大橋間は、後期になっても12~14cmの鮎が主体だったのは悲しい現実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木曜日)

なんかな~

 フェイスブックを始めて3日。未だによく分からない。お知り合いかもしれませんよと、かなりS
の数の方々が表示されている。しかし、9割は覚えのない人達でどうしたらいいか思案している。このブログに書いている方が気楽にやれそうだな。今日は立木などの剪定をやった。ついでにザクロも収穫。10個以上採れたが、数は多くなかった。ほとんどが腐ってすでに落下していたんだよ。初秋の長雨が悪影響したようだな。お向かいさんや階段下の前○さんに差し上げただけ。熟し過ぎて開いている実が多く、収穫時期は遅かったようだ。来年はよく管理してたくさん収穫できるようにしたいね。今日も運動公園には行きそびれてしまった。明日こそは練習するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水曜日)

午後から多忙に

 午前中はまったり過ごしていたが、やるべきことが山積していた。まずは食材の買い出しに。マックスバリューに行ったら、いつもは閑散としている外側の駐車場にも8割がた車が停まっていた。こりゃやばいぞと家に引き返した。あの状態ではレジに長蛇の列が予想できたからね。今年の夏以降はリニューアルオープンしたせいか、客足がすごい。今までよりも品数が増え、値段もかなり低く設定されている。激混みは当然だ。やはり早朝か深夜の買い物だよ。とはいえ夜まで待てないから西友に向かう。こちらもリニューアルオープンに向けて改修の真っ最中だ。3階の電化製品売り場に向かうと、なんと閉鎖されているではないか。インクカートリッジを買いたかったのだ。ああきらめて、1・2階にある食品を買い揃えた。マックスバリューに客をとられたようで、レジには2人しか並んでいなかった。いつもこのくらいならいいのにな。帰宅後、半袖に着替えてラケットを積む。当然運動をするのだ。でも先にヤマダ電機で用事を済ませてからと平塚へ。山田電機も客足は鈍いね。お客さんの姿はまばらだった。インクを買ったついでにトランジスタラジオも購入。これはアオリの夜釣りの時に使う。暗闇の中、たった一人でじっと浮きを見つめているのは退屈なんだ。ラジオは小さくライターサイズ。これならポケットに忍ばせていても邪魔にはならない。曇天のせいか4時半には薄暗くなってしまった。運動公園に行っても暗闇だ。多目的広場には照明がないんだよ。そこで目的変更してバッティングセンターに向かった。ずいぶんと久しぶり。おきまりの左端の左バッターボックスに入る。ここだけ120kmの球が打てるのだ。10年頃前まではよく打っていたものだよ。200円で25球。120kmでも芯に当てた打球は4割近かった。まして空振りなんて1球もなかったのに。今日は悲惨な状況だったよ。ほとんどが空振り。やっと当ててもぼてぼてばかり。草野球並みの90~105km程度に変えればよかったのに、隣のケージに入った少年が110kmのストレートをバシバシ打っている。これでは変えられない。そのまま120kmを打ち続けたが、ほとんどが空振りとぼてぼてばかり。みっともないので2回でお終い。リーグ戦で打撃が不振だったのは当然だった。やはり球が見えていないのだ。このままには捨て置けない。素振りだけでなく、バッティングセンター通いもしなきゃいけないと強く思いしらされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼーとして

 豚コマ250g、片栗粉、卵、タマネギ、キュウリ、ジャガイモ、牛肉200g、春雨、ゴマ油、しらたき。これは早朝買い物するために書いておいたメモ。でも時刻は既に11時を大きく回っている。今朝は朝寝坊。いつもは遅くても7時には起床するのだけれど、今朝はどうしても起きることができなかった。目はいったん覚めたのだが、体がだるくそのまま布団の中に。途中、9時頃も目が覚めたが再び寝入ってしまったのだ。昨晩は日付が変わってから布団に入ってる。でも習慣で必ず7時は起きていたのだがねえ。疲れていたんだろうか。でも昨日はぶらぶらしていただけ。思いつくことはないんだよ。なんだかすっきりしないな。寝坊したこともあるが、これから忙しくなる。食材の買い出し、釣り具店、ホームセンター、山田電気、西友などに出かける用事があるんだ。それにピッチング練習もしたいし。そろそろ腰の上げ時かな。ただ今友達登録は3人になった。板さん、橘○さん、ガリガリ君だ。仕組みがよく分からないし、友達の数はあまり増えなくてもいい。こぢんまりとやれればいいんでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火曜日)

対策じゃ これでいくぞ

 フェースブックは要領が飲み込めず、中断したまま。今のところ板さんが友達登録をしてくれている。気長にやっていこうと考えている。名前がよく分からなかった方が謎のTさんだと板さんから教えてもらった。そういえばそんな感じだったかな。物覚えが悪いから曖昧な記憶だったからね。それはそうと、為替レートが変化し始めている。それもいい方向に。今後が楽しみになってきたぞ。今、昨晩のアオリ釣りを思い出して歯ぎしりしているところ。確実にハリ掛かりさせた2回。足元近くまで寄せながら、痛恨の肉切れ。かすぶりはどうでもいい。ハリ掛かりさせたのなら確実に取り込みたいのだ。ジェット噴射の再、おそらく足1本だったのではないかと推測している。それも浅掛かりでね。2回とも切れた足はハリについてはいなかったのだから。そこでない知恵を絞って考えたのがハリの大きさ。シーズン初期のチビアオリ相手なので、私はMサイズを使っていたのだ。手元にはLとLLサイズがあった。だから仕掛けのハリをLLサイズにしようと考え始めている。深掛かりがより期待できそうだ。また板さんから返し付きのハリを使えばとアドバイスもいただいていた。それなら浮きが引き込まれた瞬間に合わせが可能となる。ハリ掛かりの確率は数段向上するはずだ。こんどカメヤに行ってそのハリを探してこようと思っている。私自身で考えていた対策もある。アジの口にカイズバリを刺し、背中に大きめのセイゴバリを刺しておく。もちろん8本イカリもぶら下げるつもりでいる。板さんに話したら、トラブル多発の可能性を指摘された。う~ん、考えちゃうけど試すだけの価値はあると思っている。まだまだ考えたことは2つもあるのだ。この2つはぶっ込み釣りが共通点だ。ただしエレベーター式と誘導水中浮き調節式。この2つの利点は、投げ込んだら打ち直しがないと言うこと。だから当然アジの持ちが良いはず。経済的だよ。本気でこの方法でやってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白そう でも少し難しい

 昨晩板さんからうかがったフェースブックが気になり、検索してみた。するとフェーズブックアS1030
カウント登録の画面が現れた。手続きは簡単だった。その次に現れたのは、ステップワン-友達になろう-の画面。いきなり5人の方の名前が載っているではないか。教え子、元同僚、板さん、橘○さん、それに聞いたことがない名前の方。名前の横には『お知り合いですか』と書かれている。へ~。次のページでは顔写真を載せるコーナーがあった。ウェブカメラで撮るようだ。それも簡単に撮れたんだが、何回やってもアップできなかった。こうして中断してしまうと、万事面倒くさがり屋の私の興味は途絶えてしまう。ま、いいか、後でまたやろうってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »