« 川遊び その2  (205+16) | トップページ | 講習会終了 (221+9) »

2017年6月16日 (金曜日)

アオノロ有効活用

Sp1080732 今日は9時から12時までの予定で技術講習会を持つ。私一人では心細いと思っていたところ、会長も来てくれる事になり少し安心できた。会長のような技術は私にはない。テクニックで釣るなんてことは私にはできないのだ。私が釣るところは、追い気のある鮎がいそうなところばかり。空振りもあるけど、当たれば入れ掛かりも望めるようなところなのだ。私の場合、流れを選ぶ事が一番重要になっている。好きな流れは早瀬。それも深めの瀬がいい。今日の講習会ではドチャラでやることにしている。まさに正反対だ。他の釣り人がいない所なので、じっくりできそうだとの思いからあえて選んでいる。もし釣り人が来るとすれば毛針釣りの方ぐらいだろう。友をやる人は解禁後一度も見たことがない。不得意なチャラ瀬なので不安があるが、2度の試し釣りでそこそこ掛かる事が分かっているので何とかなりそう。アオノロも2日かけて取り除いてある。流下してくるアオノロは避けられないが、石にへばりついているアオノロはないから、渇水の環境下ではましなほうだと思う。取り除いたアオノロ、一部持ち帰っている。○藤さんからいただいたメダカがずっと産卵していたが、水草にくっつくのがあまりなく、ほとんどの卵は孵化してすぐに親に食べられてしまった。以前メダカを飼っていたときは、産卵用の水草として、アオミドロを使っていた。これは抜群の効果があり、ほぼ全ての卵はしっかり産み付けられていた。アオノロはアオミドロと非常に似ている。きっと効果覿面だと思っている。孵った仔メダカは大きいのは1.5cmまで育っている。これからが楽しみだね。

|

« 川遊び その2  (205+16) | トップページ | 講習会終了 (221+9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13377/70871929

この記事へのトラックバック一覧です: アオノロ有効活用:

« 川遊び その2  (205+16) | トップページ | 講習会終了 (221+9) »