« 面白かった | トップページ | なんとかならないものか »

2017年7月 9日 (日曜日)

8月例会終了 トップは48匹 (384+28)

 参加19名。誕生月ごとのグループ分けで競う形式だった。今日はやる前から滅入っていた。体のだるさが極限に近かったのだ。階段の上り下りが辛いこと、左足首の痛みも加わり気分は最低。この例会に向けて下見釣行を4~5回もやっていた。でもそれらは全て無駄だった。何の役にもたっていない。放水路からの流れ、尺里川下流、そのそれぞれによく釣れるポイントを承知していたのだが。田干しで放水路の流れは大増水で行こうとも考えなかった。また尺里川はなぜか数日前から水量が半減してしまっている。もくろんだポイントは全てパー。朝一で選んだ場所は、昨年ちょっと釣れていたポイント。今年は底石が小さくなり釣れそうな雰囲気が感じられなかった。でもほかには当てがない。仕方なく始める。意外とすぐに連チャンスタート。ものの30分ほどで6匹だよ。こりゃぁ今日いけるんじゃないかと自然に頬が緩む。でも鮎釣りはそう甘くはなかった。その後は全く釣れない状態に陥る。ふらふらと本流ドチャラへ。そこではたった2匹。再び朝一の場所に戻る。そんなときに浜ちゃんが。彼は親切にもよく釣れたポイントを教Sえてくださった。急いで向かうが、技術のない私にはおちびちゃんが2匹だけ。11:10に竿仕舞い。浜の名人はホクホク顔で「釣れるよ。」とのたまう。彼は毎回同じ場所で良型を連発していた。今日も午前中で15匹程度は釣り上げている。「ほとんどが真っ黄っ黄」と追い打ちをかけてくる。私には不向きな緩い流れ。だからそこで竿を出そうとは一度も考えた事はない。しかし背に腹は替えられない。ユーさんの隣で竿を出した。隣がユーさんで本当に良かったよ。彼は石に座って釣りをする。だから私は動き放題だったのだ。泳がせで良型を連発できた。一通り釣ってしまうともうアタリが途絶えてしまった。そこで瀬の流心を引く。ポツポツとおちびちゃんが。それも釣れなくなり、今度は瀬の真ん中に入り,「対岸すれすれをねらう。再び良型連発だった。キミちゃんのポイントは本当によく釣れる。午前中も入っていればなあと反省しきり。19名中8人が20匹を超えている。最高釣果はやはり大将で48匹。6月7月と連覇だよ。私は彼に続く2位なのだが、大きく差をつけられて30匹だった。大将の後ろ姿が段々小さくなっていく。でも私はめげない。8月例会で80匹釣れば追いつくんだから。へっ、空しいね。大将は誰も来ない流れでしこたま釣っている。私も一度はやろうと思っていた場所だったが、なんせ今年は水が少なすぎ。あれではやろうとは思わない。今日一番驚いたのは入れちょんさん。彼はなんと午前中たった1匹だった。なのに終わってみればそこそこ数をそろえているんだ。入れちょんさんはド下手なのか上手なのか、ますます分からなくなってきた。

|

« 面白かった | トップページ | なんとかならないものか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13377/71092752

この記事へのトラックバック一覧です: 8月例会終了 トップは48匹 (384+28):

« 面白かった | トップページ | なんとかならないものか »